オダギリジョー&松坂桃李ら追加キャスト発表!『湯を沸かすほどの熱い愛』

映画

『紙の月』で数々の映画賞を総なめにし、舞台でも活躍する女優・宮沢りえと、注目の朝ドラ「とと姉ちゃん」にも出演する若手実力派女優・杉咲花が母娘役で共演する『湯を沸かすほどの熱い愛』。このほど、オダギリジョー、松坂桃李ら新たなキャストが発表され、コメントとともに、心温まる場面写真が到着した。

夫(オダギリジョー)が1年前にふらっと姿を消して以来、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘の安澄(杉咲花)を育てていた双葉(宮沢りえ)。ある日突然、余命宣告を受けた彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。

家出した夫を連れ帰り、休業していた家業の銭湯「幸の湯」を再開させること。気が優しすぎる娘を独り立ちさせること。娘をある人に会わせること。そして、4つ目は家族も知らない双葉だけの秘密。そんな母の行動に、家族はぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬ることを決意するが――。

自主製作映画『チチを撮りに』が、ベルリン国際映画祭ほか、国内外10を超える映画祭で絶賛された中野量太監督がメガホンを取り、宮沢さんと杉咲さんが母娘役としてキャスティングされたことが昨年発表されて以来、その動向が注目を集めていた本作。

このほど、10月29日(土)の公開決定と同時に新たなキャストとして発表されたのは、頼りないけどなぜか憎めない双葉の夫=“お父ちゃん”役に、オダギリさん。旅先で双葉と出会い、彼女の母性に触れ人生を見つめ直していく青年・拓海役に松坂さん。さらに『共喰い』の篠原ゆき子、『真田十勇士』が控える駿河太郎、オーディションで選ばれた驚きの新人子役・伊東蒼が、宮沢さん、杉咲さんとともに新しい家族の物語を彩ることになる。

また、併せて解禁された場面写真では、家業の銭湯「幸の湯」の前に、“お父ちゃん”を含めた一家が勢ぞろいした幸野家の姿や、旅先で出会った双葉に、まるで子どものように優しく頬を包まれている青年・拓海の姿が。思わず登場人物たちの織りなすドラマに思いを馳せてしまうような、おだやかな空気に満ちたカットが披露されている。

<以下、コメント>

■オダギリジョー
熱く、繊細で、愛情溢れる素晴らしい脚本だと思いました。母親に対しての感覚をこのような脚本に仕上げる監督と是非仕事をしたい! と思いましたし、宮沢さんが演じる"おかあちゃん"を見てみたいと思ったのがお引き受けした理由です。自分を例えるならば、麻婆豆腐における山椒のような存在になれているならば幸いです。

■松坂桃李
台本を読んで、親子の絆を繊細に描いた優しい本だと思いました。映画を見終わった後に、しっかり残る作品だと思いました。そんな中野組に参加できたことは、本当に幸せでした。個人的なことですが、撮影中に銭湯の番台に座れた時は心躍りました。主演の宮沢りえさんは包容力があり、一緒にいるだけで吸い込まれそうな魅力のある方でした。彼女は女優というよりは、役者という感じの方でした。そんな宮沢りえさんとご一緒できたことは、もう一つの幸せでした。

“死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛”という普遍的なテーマを、想像できない展開から驚きのラストへと紡ぐ『湯を沸かすほどの熱い愛』。主演の宮沢さん自身も「心が沸かされた」と語る、涙と生きる力がほとばしる、驚きと感動の詰まった物語の続報を今後も楽しみにしていて。

『湯を沸かすほどの熱い愛』は10月29日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top