【特別映像】死を覚悟したアルピニスト・野口健が語る『レヴェナント』、生死を分けたものとは!?

映画

アルピニスト・野口健が語る『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2016 Twentieth Century Fox
  • アルピニスト・野口健が語る『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2016 Twentieth Century Fox
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』ポスタービジュアル(C)2016 Twentieth Century Fox
レオナルド・ディカプリオが本年度アカデミー賞「主演男優賞」、アレハンドロ・G・イニャリトゥが「監督賞」を獲得し、イニャリトゥ監督の熱烈オファーのもと日本から音楽家・坂本龍一が参加した『レヴェナント:蘇えりし者』。このほど、七大陸最高峰登頂の最年少記録を持つアルピニスト・野口健が、本作で描かれる主人公の生還劇について、自身の体験と照らし合わせながら分析した特別映像が到着。“死を覚悟したことがある”野口さんのリアルな言葉から、“その男を極限の危機から蘇えらせたものとは何だったのか?”が見えてきた。

レオナルドが、ハンティング中に熊に喉を裂かれ、瀕死の重傷を負った上に、目の前で息子を殺された復讐心に燃える主人公ヒュー・グラスを熱演する本作。彼の鬼気迫る演技と圧倒的な映像に、坂本氏の重厚感ある音楽が加わり、より壮大な世界観を生み出している。

今回の映像の中で、ヒマラヤ遠征の最終キャンプで悪天候につかまり、死を覚悟した経験を持つ野口氏は、「家族の存在がないと、意外と死のハードルが下がるかもしれないですね」と打ち明ける。もし、最愛の息子が殺されていなければ、グラスは生きることを諦めたのではないかと話し、死の淵から奇跡的に蘇えったのは、息子を永遠に奪われたことへの激しい怒りと復讐の執念からだと分析。「自分のためではなく 息子のために生きるということをみつけたんだと思います」と、野口さんは力強く語る。

さらに、エベレストに一緒に登った方の死を通して、「死にゆく人間の覚悟があれば、生きるということを決める側の覚悟もある」と野口さんは言う。その生きる覚悟をグラスとリンクさせながら、「主人公は息子が殺されたときに、自分は生きるという選択をとったわけですよ。その後、川に流されようが、襲われようが、その中でもずっと彼は必死になって生き延びるわけじゃないですか。あれは息子が亡くなったときに“自分は絶対に生き延びるんだ”って覚悟を決めた男の有り様かもしれないですね」と語り、最愛の息子への愛が、男の“生きる”力になっていることに触れる。


おそらくレオナルド自身も、超極寒下での撮影で身を持って体験したに違いない極限の状態。サバイバルの終わりに、彼がたどりついた境地とは何だったのか? “生”の意味を深く見つめたドラマを、スクリーンで確かめてみて。

『レヴェナント:蘇えりし者』は4月22日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top