森田剛、初主演映画で海外映画祭に参加決定!『ヒメアノ~ル』

映画

『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
古谷実による衝撃の問題作がついに完全実写映画化される『ヒメアノ~ル』。この度、現地時間4月22日(金)~4月30日(土)に開催される「第18回ウディネ・ファーイースト映画祭」にて、本作の正式上映が決定し、主演の森田剛と吉田恵輔監督が映画祭に参加することが決定した。

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田(濱田岳)。ある日、同僚の先輩である安藤(ムロツヨシ)から密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカ(佐津川愛美)との恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会することになる。その後岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ…。

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」などを世に送り出した人気漫画家・古谷氏の衝撃の問題作を実写化する本作は、その衝撃描写ゆえ【R15+】指定となり、公開前から大きな話題を集めている。キャストには、人間をターゲット(餌)としか思わない狂気の連続殺人鬼・森田役の森田さんをはじめ、森田との再会によって事件に巻き込まれる岡田役に濱田岳、森田の新たな標的となるユカ役に佐津川愛美、岡田の先輩・安藤役にムロツヨシが参加している。

今回本作の正式出品が決定した「ウディネ・ファーイースト映画祭」は、イタリアの都市・ウディネで開催される映画祭で、東アジアおよび東南アジアの最新作をヨーロッパに紹介することを旨とし、大作からミニシアター系の作品まで幅広いジャンルの良作が選出されている。本作が選出されたコンペティション部門が対象となる賞は、観客賞、ブラック・ドラゴン観客賞、マイ・ムービーズ観客賞の3つの賞。毎年日本映画にも多くの注目が集まり、『永遠の0』が観客賞を受賞したのをはじめ、過去にも多くの作品が受賞している。

また本作は、現地時間4月25日(月)にワールドプレミアが実施され、映画祭には、主演にの森田さんと吉田監督が参加を予定しており、今回初主演にして海外映画祭に選出という快挙となった。

いち早く映画を鑑賞した全国の映画館スタッフの間では、「誰も観たことのない森田剛がここにいます。必見です」「ユーモアと恐怖が交じり切なくも悲しく、生気を抜かれる様でした」「フィクションとは思えない怖さ!」「劇場で上映してはいけないと思うほど衝撃的だった!」と、続々と期待が高まるコメントが到着。さらに、原作者・古谷氏は、「客観的にとても楽しく観られました。すべてのスタッフの方々に感謝しています」と、太鼓判を押している。そんな注目の本作が海外映画祭に出品されるだけあり、受賞にも期待が高まる一方、海外の人たちの反応が楽しみだ。

『ヒメアノ~ル』は5月28日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top