池松壮亮&斎藤工、着替えショットが解禁! 『無伴奏』フォトブック販売決定

映画

『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を原作に実写化され、現在公開中の映画『無伴奏』。現在、本作の公式フォトブックが劇場にて販売されているが、4月15日(金)より書店でも発売されることがこのほど決定。併せてフォトブックからメインキャストの成海璃子、斎藤工、池松壮亮らの場面ショットが解禁された。

1969年、日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代。女子高校生の響子(成海璃子)は、同級生のレイコやジュリーとともに時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく…。

監督には、『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司が手掛け、未来を変えるべく若者たちが声あげ高揚していた1969~71年の仙台を舞台に、多感な恋に揺れ動く男女の姿を繊細かつ大胆に描く切なく耽美なラブストーリー。キャストには、主人公・響子役の成海さん、響子がのめり込む恋の相手・渉役の池松さん、渉の友人・祐之介役の斎藤さんといった人気の俳優陣をメインキャストに、祐之介の恋人・高宮エマ役に遠藤さん、そのほか藤田朋子、光石研らベテラン俳優も名を連ねた。また本作は、「ヨーテボリ国際映画祭」に出品され、称賛の声が寄せられるなど世界からも注目を集めている。

今回書店販売されることが決定したのは、“クオリティの高い美術書的デザインで長く大切にお持ちいただくための本”をコンセプトに、映画の舞台となった1969年、激動の時代を再現した劇中の写真、オフショットなど、映画の撮影期間中にスチールカメラマンの西永智成が撮影した写真が収められている。また写真だけでなく、撮影中や撮影直後に行った、成海さん、池松さん、斎藤さん、そして矢崎監督のそれぞれのインタビューと、原作の小池氏と矢崎監督の対談を収録。また劇場で販売しているパンフレットには載っていない撮影日誌も掲載される豪華仕様となっている。

本フォトブックのデザイナーには、90年代半ばから、美術・建築の書籍や展覧会のデザインを数多く手がける秋山伸が務め、本作でデモ集会が行われている設定の東北大学の建築科出身とあって、並々ならぬ意欲でこのデザインに取り組んだ。

そして今回解禁された写真は、斎藤さん演じる祐之介と遠藤さん演じるエマが、成海さん演じる響子と池松さん演じる渉の前で 今まで映画や本でしか知らなかったセックスを、初めて自分ごとに感じることになる茶室に入っていくシーンと、海で渉と祐之介が水着に着替えるシーン。後者においては、本編ではお尻も見え、2人のお尻の形がいいと評判の場面で、後ろにある車の中では響子とエマも着替えている設定。また遠藤さんは、斎藤さんとの濡れ場で脱いだ時よりも、 このシーンで脱いだ時の方が恥ずかしかったと撮影をふり返っていた。

なお、研音公式ショップ「K-SHOP」でも予約受付が開始され、5月5日(木)までに購入した人の中から、抽選で20名様に成海さんのサイン入りフォトブックが当たるそうだ。

映画『無伴奏』フォトブックは4月15日(金)発売。映画『無伴奏』は新宿シネマカリテほか全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top