『冬の小鳥』ウニー・ルコント監督、6年ぶりの新作『めぐりあう日』公開決定

映画

『めぐりあう日』
  • 『めぐりあう日』
『シークレット・サンシャイン』『ポエトリー アグネスの詩』などの巨匠イ・チャンドンに見出されたウニー・ルコント監督が、自身の実体験をもとに韓国の天才子役キム・セロンを主演に起用した『冬の小鳥』。このほど、鮮烈なデビューを飾った同作から6年ぶりとなる新作『Looking for her』(英題)が、『めぐりあう日』として日本公開が決定。再び自身の人生を重ねながら、母と娘の運命的な再会を描いていることが分かった。

北フランスの港町ダンケルク。産みの親を知らずに育った理学療法士のエリザは、自身の出生を知るために、息子を連れてパリから引っ越してきた。だが、実母が匿名を望んでいるために、なかなか手がかりがつかめない。そんなある日、息子が通う学校で働く中年女性アネットが、患者としてエリザの療法室にやって来る。やがて、2人は不思議な親密感を覚えるようになるが…。

2010年、自身の実体験を元に、孤児となった9歳の少女が韓国からフランスへ養子として旅立つまでを描いた脚本がイ・チャンドンの目にとまり、監督デビューを果たした大ヒット作『冬の小鳥』。あれから6年、ルコント監督自身のもう一つの人生を重ねて描く待望の最新作となるのが本作だ。

今回は、夫も息子もいる自立した女性を主人公に、30年もの歳月を経て再びめぐり逢う母と娘を描き出す。主演を務めるのは、『君と歩く世界』『灼熱の肌』などに出演する実力派女優セリーヌ・サレット。また、『チャップリンからの贈りもの』『ホーリー・モーターズ』『画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密』(監督兼)を手がけ、ゴダール作品に参加してきたフランス屈指の女性撮影監督カロリーヌ・シャンプティエによる、透明感と叙情に満ちたフィルムワークも美しい余韻を残している。

理学療法という人と人が触れ合う行為を通し、見えない糸に手繰り寄せられるように近づく母と娘。運命の不思議さに胸を締め付けられるも、新たな人生の一歩を予感させるルコント監督渾身の感動作が誕生した。

『めぐり会う日』は7月30日(土)より岩波ホールほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top