『ミニオンズ』短編が『ペット』と同時上映に! じゃれ合うコラボ映像も到着

映画

『ペット』×『ミニオンズ』 (C)Universal Studios.
  • 『ペット』×『ミニオンズ』 (C)Universal Studios.
  • 『ペット』(C)Universal Studios.
  • 『ペット』(C)Universal Studios.
  • 『ペット』(C)Universal Studios.
  • 『ペット』(C)Universal Studios.
  • 鷹・タイベリアス(CV宮野真守)-(C)Universal Studios. 
  • モルモット・ノーマン役(CV梶裕貴)-(C)Universal Studios. 
  • 『ペット』(C)Universal Studios.
日本でも大人気の『ミニオンズ』のスタッフが贈る、この夏の最新作『ぺット』。このほど、あのバナナが大好きな“黄色いヤツら”、ミニオンたちが再びスクリーンに登場! 短編アニメーションが『ペット』と同時上映されることが決定し、ミニオンの人気者ボブと犬のマックスがじゃれ合う(!?)激かわのコラボ映像も到着した。

大好きな飼い主ケイティと不自由ない生活を送っていたマックスの生活は、ある日、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを連れて帰ってきた瞬間から一変! お互いに自分が優位に立とうと奮闘する中、ある事件をきっかけに2匹は都会という荒野で迷子になってしまう! 果たしてマックスたちは、ケイティが帰宅するまでに家に帰ることができるのか…!

“飼い主が留守にしている間、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう?”誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常を、日本でも興収50億円超の大ヒットとなったミニオンを生み出したユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオが、キュートかつユーモラスに描き出す本作。

日本語吹き替えでは、テリア混ざりの雑種犬マックス役を設楽統(バナナマン)、ずんぐりむっくりした大型犬・デューク役を日村勇紀(バナナマン)、マックスの飼い主ケイティ役を佐藤栞里が担当。さらに、小さな生き物を見ると食欲が抑えられない鷹・タイベリアス役に宮野真守、忘れっぽくて愉快で陽気な小さなモルモット・ノーマン役に梶裕貴、元気で可愛いポメラニアン・ギジェット役に沢城みゆき、街のことなら何でも知っているバセットハウンドの老犬・ポップス役に銀河万丈、態度の大きな野良猫スフィンクス・オゾン役に山寺宏一、ニューヨークシティの下水道に住む、人間に捨てられたペット集団のリーダーウサギ・スノーボール役の中尾隆聖と、超豪華声優陣が個性豊かなキャラクターたちを演じることも話題を呼んでいる。

そんな中、本作との同時上映で、あの『ミニオンズ』の新作短編『ムーア ミニオンズ』(原題)が登場。前作では最強最悪のボス探しの旅に出たミニオンたちが、今回の短編では最高の“○○○”を手に入れるため、お小遣い稼ぎに奮闘する。しかし、あのミニオンズたちのこと、ひと筋縄で行くわけもなく…。

さらに、同時上映を記念した特別コラボ映像では、いつもクマのぬいぐるみ(ティム)を持ち歩くミニオンの“ボブ”が、設楽さん演じる『ペット』の主人公マックスを見て「パピー!」とすっかり夢中に!? マックスにじゃれようとする無邪気なボブに、マックスは翻弄されるものの、どっちがペットなんだか…と思わず笑顔になってしまう、ほっこり映像となっている。


『ペット』は8月11日(木・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top