中村獅童、『デスノート 2016』で死神・リューク役続投! 「思い入れが深い作品」

映画

『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 東出昌大(三島)/『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 池松壮亮(竜崎)/『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 菅田将暉(紫苑)/『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 東出昌大(三島)/『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 池松壮亮(竜崎)/『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 菅田将暉(紫苑)/『デスノート 2016』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • 『デスノート2016』 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
東出昌大を主演に、池松壮亮、菅田将暉を迎えて贈る『デスノート 2016』。この度、死神・リューク役に歌舞伎役者・中村獅童の続投が決定した。

キラこと夜神月(ライト)とLの死から10年。再び死神が地上にデスノートをばらまき世界中が大混乱に陥っていた。夜神総一郎が立ち上げた「デスノート対策本部」は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田ほか5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には「6冊のデスノート」が存在する事が判明。その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけだった――。

2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』は前・後編の二部作公開となり、当時史上初となる連続公開で、二部作の興行収入は80億円を超えるメガヒットを記録。また、海外からの注目も高く、2008年のLが主人公のスピンオフ作『L change the World』を合わせると、35の国際映画祭に招かれ、60以上の国と地域で公開され、3作の日本国内興行収入は112億円超えを記録する快挙を遂げている。

そして今回、伝説となった映画誕生から10年目となる節目に、正統な続編として完全新作映画が放たれる本作。キャストには、デスノートを追う男・三島創役の東出さんをはじめ、デスノートを封じる男・竜崎役の池松さん、デスノートを制する男に菅田さんと若手実力派俳優が集結。さらに、世界中に散らばった“デスノート”6冊のうち、1冊を手にする青井さくら役に川栄李奈や、前作でも出演している“ミサミサ”こと弥海砂役に戸田恵梨香が続投するなど続々とキャストが明らかになる中、今回新たに、『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』にて、死神・リューク役を務めた中村さんの続投が決定。

中村さんは、本作への参加決定に「出来上がりがどんな風になるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。いままでのデスノートファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなという風に思います」と語り、「私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せている。

さらに併せてリュークの場面写真も解禁。佐藤信介監督の新解釈の元、フルCGで描かれる死神たちは、VFXの10年間の進化だけでなく、よりスタイリッシュになっている。リュークの肌や髪・羽・皮の質感の表現は驚くべきリアリティを生み出し、そのトーンに合わせて「デスノート」自体の質感もアップされ、また新たなデザインの6冊のノートとともに、新たな死神も登場するそうだ。プロデューサー・佐藤貴博もまた、「何故リュークはまたも人間界にデスノートをもたらすのか? 月やLの激闘をどのように捉えていたのか? が重要なカギとなりますので、よりパワーアップしたビジュアルと、獅童さんの邪悪なお芝居で表現される死神リュークは見逃せないと思います」とリュークに注目して欲しいと話している。

『デスノート 2016』は10月29日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top