【インタビュー】天海祐希、ガンダム声優と共演し大興奮!「汗がブワーって(笑)」

最新ニュース

女優の天海祐希が劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』にゲスト出演し、コナンの宿敵「黒ずくめの組織」の一員で、左右の瞳の虹彩色が異なる“謎の女性”を演じた。凛としてたたずまいが魅力の天海さんだが、アフレコ中「汗が止まらなくなる」ハプニングがあったのだとか。

その理由は池田秀一(赤井秀一役)、古谷徹(安室透役)という「機動戦士ガンダム」世代にはたまらない豪華声優との共演。天海さんも「お二人は私にとって神様であり、レジェンドのような存在。台本に書かれたお名前を見ただけで緊張してしまった」そうで、「実際にアフレコが始まると、ヘッドホンの左右からお二人のお声が飛び込んできて、その瞬間に汗がブワーって(笑)。光栄ですけど、逆に気づかなきゃ良かったと思って」とふり返る。

天海さん演じる“謎の女性”は、日本警察に侵入し極秘データを盗み出したが、逃走中に事故を起こし、記憶喪失になってしまうという役どころ。コナンたちと出会い、記憶を取り戻そうとするが、データ目当ての組織に追われるハメに…。天海さんはクールに仕事をこなす組織の一員、そして記憶を失った現実に戸惑いながら、生き方を模索するひとりの女性という難しい二面性を声で見事に表現。実力派女優の本領をいかんなく発揮している。

「これだけビジュアルに力がある作品ですし、共演させていただく声優の皆さんはプロ中のプロ。ですから、足を引っぱらないためにも“色のある声”を目指しました。ちょうど私が演じた謎の女も、記憶を失ったことで精神的に真っ白な状態だったので、彼女と一緒に自分がどんな色に染まっていけるか試行錯誤しました。今回に限らず、女優として大切にしたいのは、演じる役柄の一番の理解者になり、常にそばにいる存在でいるってことですね」。

今年でアニメ放送開始から20周年を迎え、本作は記念すべき劇場版20作目! 天海さんも宝塚卒業後、ドラマや映画での活動を始め、約20年の歳月が流れた。「あっと言う間の20年で、自分なりに頑張ってこられたという気持ちもあります。もちろん、この先の20年もいい年齢の重ね方をしながら、素敵なお仕事にたくさん出会いたいですね。お声をかけていただければ、どんなお仕事に挑戦したい。自分を発見することにもつながりますから。いくつになっても可能性を見出してもらえる女優でいたい。そんな風に思いますね」。
《photo / text:Ryo Uchida》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top