クリス・ブラウン、リアーナへの暴行後に“自殺”を考えていた

最新ニュース

クリス・ブラウン&リアーナ-(C)Getty Images
  • クリス・ブラウン&リアーナ-(C)Getty Images
  • クリス・ブラウン-(C) Getty Images
  • クリス・ブラウン
  • クリス・ブラウン&リアーナ-(C)Getty Images
クリス・ブラウンはリアーナに暴行を加えた後、自殺を考えていたそうだ。

ドキュメンタリー『Welcome to My Life』(原題)の予告映像がリリースされ、その中でクリスは2009年2月に当時の恋人リアーナに暴力を振るった後、自身のことを「モンスター」のようだと感じたと発言している。「最悪なモンスターだと感じたよ」「自殺とかいろんなことを考えていたね。眠ってなかったし食べてもいなかった。ただハイな状態になっていったね」。

また、クリスの母親ジョイス・ホーキンスさんも登場し、「私の人生で最悪な日だった。おそらくクリスの人生においてもね」「私の子どもを失うんじゃないかって感じたわ」と当時の苦い思いを語っている。

この事件の後5年間の保護観察と1年間のDVのカウンセリングと6か月の社会奉仕作業の義務が課せられ、クリスの評判はがた落ちとなったものの、自分はまだ終わることはないと思っているようだ。その映像の終盤で、クリスは「君の中でクリス・ブラウンは終わった、彼は終わった? とこれまで疑うことがあったとすれば、そんなことはありえないよ」と締めくくった。

このドキュメンタリーにはジェイミー・フォックス、アッシャー、ジェニファー・ロペス、メアリー・J.ブライジが登場することになっている。公開日はまだ明らかになっていない。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top