有村架純、三度の飯よりZQNが好きに…?

最新ニュース

映画『アイアムアヒーロー』が4月23日(土)に公開を迎え、主演の大泉洋をはじめ、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠、片瀬那奈、マキタスポーツ、塚地武雅、原作者の花沢健吾、佐藤信介監督の総勢9名による舞台挨拶が行われた。

謎の感染により、人々が突如、攻撃性を増し周囲を襲う“ZQN(ゾキュン)”へと変貌を遂げていく世界を舞台に、サエないマンガ家アシスタントの主人公が生き残りをかけて戦うさまを壮絶に描き出す。

シッチェス・カタロニア国際映画祭、ポルト国際映画祭、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で観客賞、グランプリなど計5冠に輝くなど、日本での公開前から海外で高い評価を受けてきた本作。大泉さんは「撮影は2年前で、(ここまで)長かったです。やっと初日を迎えられました」とホッとした表情を見せ「世界で評価されるのは嬉しく、誇らしい気持ちでいっぱい。ものすごく優秀な子を持った親の気持ちです」と満足そうに語る。

この日は、劇中で“ZQN”と化してしまった人々とそうでない人々が一堂に会したが、有村さんは「(撮影で)ご一緒できなかった方々と会いできて嬉しいです。『本物だ!』という感じ」と笑顔で語るが、これにマキタさんが「その割には楽屋で冷たかったです」と言いがかりをつけ、会場の笑いを誘う。

大泉さん演じる英雄と共にZQNと戦う女性を演じた長澤さんは「現場で(特殊メイクで)ZQNが出来上がっていくのを眺めるのが日課でした(笑)。『私もやりたいな』と思いながら撮影してました」と明かす。

ちなみに、英雄が最初に遭遇するZQNである恋人の役を演じた片瀬さんはメイクに要した時間を「5時間半!」と明かし「次の日は全身あざで真っ黒でした」と苦労を口にする。英雄のマンガ家アシスタント仲間を演じた塚地さんも「血だらけのまま生活してました(苦笑)」とふり返り、漫画家の先生役のマキタさんは「ナイフが刺さった血だらけのままで喫煙所に行ってタバコを吸ってました」と告白。吉沢さんは「目がつぶれた状態で、大泉さんに『ホントに気持ち悪いね』と言われ、これが正解なんだと思いました」と充実感さえ漂わせて語っていた。原作の花沢さんも現場に足を運んでそのリアリティに驚いたようで、吉沢さんの姿をたくさん写真に収めたことを明かし「資料写真が撮れて、漫画に活かせてラッキーでした」とニッコリ。

一方、そのZQNに追いかけられた長澤さんは「ホントに怖かったです。習性で追いかけられると怖い!」と苦笑。有村さんは「(完成作を)初めて観たとき、正直、怖いしグロいし、観終わって、魂を抜き取られてヘトヘトですぐに立ち上がれませんでした。『この映画、大丈夫なの?』と思いました」と偽らざる心情を明かす。もともと、この手の映画は「苦手」という有村さんだが一方で「出演させていただいて見方が変わった」とも。大泉さんからは「いまでは三度の飯よりZQNが好きに…」と無理やりまとめられ、会場は笑いに包まれた。

『アイアムアヒーロー』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top