桃井かおり、椿鬼奴のものまねに感謝?「CMがきてるのも、鬼奴さんのおかげ」

最新ニュース

椿鬼奴&桃井かおり/『火 Hee』舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 椿鬼奴&桃井かおり/『火 Hee』舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 桃井かおり/『火 Hee』舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 椿鬼奴/『火 Hee』舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 桃井かおり/『火 Hee』舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 椿鬼奴/『火 Hee』舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
第8回沖縄国際映画祭の特別招待作品『火 Hee』が4月23日(土)、沖縄・シネマパレットにて上映され、監督兼主演を務めた桃井かおりが、自身のものまねをしている芸人の椿鬼奴とともに登壇した。会場には桃井さんがCMに出演していることから、沖縄のSK-IIスタッフが駆け付け花束を贈呈すると、すかさず椿さんが「クリアな素肌へ…」とCMの台詞を言ってみせ、桃井さんを笑顔にさせていた。

『火 Hee』は、芥川賞や大江健三郎賞など数々の賞を受賞した中村文則氏の「銃」に収録された傑作短編小説「火」を原作に、桃井さん自身が脚本を手がけた。アメリカでクリニックに勤める精神科医の真田が、ひょんなことから火に執着する精神疾患を持つ一人の女性と出会い、彼女の壮絶な人生に付き合うことになる。

すでに桃井さんから「桃井かおりはあげた」と、ものまねの“公認”をもらっている椿さんは、颯爽と登場するやいなや、「湿度がロスと違うから仕上がりが違うかもしれない。ご覧いただいてありがとうございました」と、すっかり桃井さんとしてコメント。桃井さんも「真似しやすい要素はあったでしょう。日本にいなくてもCMがきてるのも、鬼奴さんや清水ミチコさんたちのおかげだと思っています」とジョークで会場を沸かせた。

2005年公開の『SAYURI』以降ハリウッドに拠点を移し、世界を股にかけて活躍する桃井さんは、監督としては本作で2作品目となる。撮影をふり返り、「お金もあまりない映画で、10日間で撮ったの。すごいでしょ? 全部自宅で撮ったんです」と低予算ならではの映画製作秘話を明かした。さらに、「この映画で監督も主演も衣装もやって、(映画に出てくる)すき焼きの肉はうちのだし、お皿もうちの」とアットホームな様子を話すと、横から椿さんが「すごいおしゃれな家…」とため息をついていた。

『火 Hee』は初夏、全国にて公開予定。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top