林遣都が「火花」主演をつかんだのは「関西弁がしゃべれます」アピールのおかげ?

最新ニュース

林遣都&波岡一喜/「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 林遣都&波岡一喜/「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 林遣都/「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 門脇麦&林遣都/「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 波岡一喜/「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
  • 門脇麦/「火花」舞台挨拶@第8回沖縄国際映画祭
第8回沖縄国際映画祭の特別上映作品・Netflixオリジナルドラマ「火花」が4月21日、沖縄・桜坂劇場で上映され、キャスト陣による舞台挨拶が行われた。主演の林遣都をはじめ、波岡一喜、門脇麦、好井まさお(井下好井)、村田秀亮(とろサーモン)、廣木隆一監督が、昼間に行われたレッドカーペットでの和気あいあいとした様子そのままに仲睦まじく登壇した。

「火花」は、第153回芥川賞に輝いた又吉直樹(ピース)の原作を基に、オリジナルドラマとして作り上げた全10話の作品。お笑いという芸人の世界をときに優しく、ときに厳しく描きながら、自らの道を貫こうともがく男たちの物語だ。

話題作の映像化とあって、出演が発表されたときにも大きく話題となった。当時をふり返って、林さんは「本当に、去年すごい日本中で大騒ぎになった作品で。テレビで又吉さんの会見を一人で家でぼーっと見ていて、すぐ映像化されるんだろうな~、誰かがやるんだろうな~と思ったら、まさか自分で(笑)」と、青天の霹靂だったと話す。ただ「“関西弁しゃべれます”アピールをずっとやってつかんだ役なので、本当に『やった!』と思いました」と、茶目っ気たっぷりに語った。

撮影はおよそ4か月かけたという。MCから「何かエピソードはありますか?」と尋ねられると、林さんは「え~っと、濃密すぎて…。じゃあ、波岡さん」と波岡さんに振り、波岡さんも「濃密すぎて…」と同じ返しで隣の村田さんに振り、そのままぐるぐると答えの出ぬまま出演者の間で質問が周り出した。最後に好井さんがオチをつけると、全員が「懐かしい」と笑い出した。というのも、撮影現場でも、このようなミニコントが常にあったようで、林さんは「200個ミニコントある中のひとつをいま出しました」と、うそとも本当ともつかない様子でほほ笑んだ。

「火花」は6月3日(金)より「Netflix」にて全話(全10話)一斉配信。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top