「フラーハウス」声優、再出演に感激!「20年前よりテンポが速い」と時の流れも痛感?

最新ニュース

坂本千夏&宮澤佐江&伊藤美紀/「フラーハウス」アフレコイベント
  • 坂本千夏&宮澤佐江&伊藤美紀/「フラーハウス」アフレコイベント
  • 坂本千夏&宮澤佐江&伊藤美紀/「フラーハウス」アフレコイベント
  • 宮澤佐江/「フラーハウス」アフレコイベント
  • 坂本千夏/「フラーハウス」アフレコイベント
  • 宮澤佐江/「フラーハウス」アフレコイベント
「Netflix」オリジナルドラマ「フラーハウス」のイベントが4月25日(月)、都内で行われ、吹き替えキャストの坂本千夏(D.J.役)、伊藤美紀(キミー役)が公開アフレコに臨んだ。

1987年から1995年にかけてNHKで放映され、いまも世代や国を超えて愛される大人気ファミリードラマ「フルハウス」のその後を描いた本作。獣医として働き、女手ひとつで子ども3人を育てるD.J.の多忙ぶりを見かねた妹で独身のステファニー、そしてD.J.の親友でバツイチのキミーが娘とともに越してきて、にぎやかな共同生活を繰り広げる。

今回、ファンの熱い要望に応える形で、坂本さん、伊藤さんをはじめ、前作と同じオリジナル声優が20年ぶりに集結。堀内賢雄(ジェシー役)、大塚芳忠(ダニー役)、山寺宏一(ジョーイ役)、大谷育江(次女ステファニー役)らが夢の再共演が実現した。

「オープニングの瞬間、涙が流れてしまった」(坂本さん)、「変わらぬテーマ曲に、やられましたね」(伊藤さん)と再出演に感激しきりの声優陣。坂本さんが「パパが立派におじさんになり(笑)、私自身も大人になったから、自然と母親目線になっている」としみじみ語れば、伊藤さんも「向こうもこちらも20年の月日が流れていますからね。キミーとしては、やっとタナー家の一員になれて、思いもひとしお」と感無量の表情だった。

いざ、公開アフレコが始まると、大人になってもD.J.&キミーの丁々発止は健在! それでも坂本さんは「20年前よりも、テンポが速い。メガネがないと、台本も見えないし(笑)」と時の流れを痛感していた。

イベントには4月1日(金)にAKBグループを卒業した宮澤佐江が、ファン代表として駆けつけ、公開アフレコに参加。「フラッシュ(を浴びるのが)久々」と緊張した表情だったが、坂本さんから80点、伊藤さんから93点の評価をもらい、大喜びだった。

「Netflix」オリジナルドラマ「フラーハウス」は配信中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top