『ブーマックス』に『ラッコと海の女王』!? 名作パロディ続々『ズートピア』

映画

『ズートピア』名作パロディ -(C)2016 Disney.All Rights Reserved.
  • 『ズートピア』名作パロディ -(C)2016 Disney.All Rights Reserved.
  • 『ズートピア』名作パロディ -(C)2016 Disney.All Rights Reserved.
  • 『ズートピア』-(C)2016 Disney.All Rights Reserved.
  • 『ズートピア』(C)2016 Disney. All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia
  • 『ズートピア』(C)2016 Disney. All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia
  • 『ズートピア』-(C)2016 Disney.All Rights Reserved.
ウサギ初の警察官ジュディとキツネの詐欺師ニックがまさかのバディを組み、動物たちが人間のように暮らす“楽園”を揺るがす大事件に挑むファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』。洋画大作や人気の邦画アニメがひしめく中、ゴールデンウィーク映画として大ヒットスタートを切った本作から、ディズニー・アニメーションとしてはおなじみ、思わずクスッと笑みがこぼれてしまう“隠れネタ”の一部分が明らかとなった。

動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。誰もが夢を叶えられる超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、世の中をより良くしたいと夢見る新米警官、ウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女はさまざまな困難を乗り越え、驚きの真相に迫っていくが――。

夢を諦めず、前向きなジュディの姿が共感を呼んだり、“ツンデレ”キャラのニックが女子のハートが鷲掴みにしたりと、ユニークな登場“人物”や最後まで目の離せないストーリー展開など、さまざまなポイントで日本の観客をも虜にしている本作。

もう一つ忘れてはならないのが、ディズニー・アニメーション作品には必ずある隠れネタの数々だ。『アナと雪の女王』『ベイマックス』にも多くのネタが盛り込まれていたが、本作は過去最多!?  もう劇場で観た方はいくつか気づいたかもしれないが、おなじみの“隠れミッキー”はもちろんのこと、名作映画や海外ドラマのパロディ、過去のディズニー・アニメーションに関する隠れネタが続々。

今回ご紹介するのは、“難易度:初心者向け”の隠れネタ。劇中で泥棒のイタチが海賊版DVDを露店で販売しているのだが、そのタイトルをよく見ると、『ブーマックス』や『塔の上のヒヒンツェル』『ツノー・ラッシュ』『ラッコと海の女王』と、人間界でも大ヒットしたあのアニメーション作品とよく似たものが!

誰もが知る名作に、これから公開予定の作品が「もしズートピアで発売されていたら…」というユニークな発想から生まれた、ディズニークリエーターたちの遊び心あふれる演出。バイロン・ハワード監督の代表作『塔の上のラプンツェル』、リッチ・ムーア監督の『シュガー・ラッシュ』のパロディがあるのも心憎いところだ。字幕版では、原題をもじったまた違ったタイトルなので、ほんの一瞬であるが、そちらもチェックしてみてほしい。

ただし、このネタは初心者レベルで、しかも、たくさんある中の1つに過ぎない。あなたはいくつのネタに気づけそう?

『ズートピア』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top