日本人初!『君の名は。』新海誠監督、米「Variety」誌“注目すべきアニメーター10人”に選出

映画

新海誠監督&『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 新海誠監督&『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 新海誠監督
神木隆之介と上白石萌音が、主人公とヒロインのキャラクターの声を担当する『君の名は。』。“次世代の宮崎駿、ポスト細田守”と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の3年振りとなる最新作だが、この度、米「Variety」誌が選ぶ「2016年に注目すべきアニメーター10人」に、新海監督が日本人として初選出されたことが明らかになった。

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(上白石萌音)は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!」。そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢…」。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(神木隆之介)も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。彼らが体験した夢の秘密とは。出会うことのない2人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語がいま動き出す――。

本作は、『ほしのこえ』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』など意欲的な作品を数多く作り出している新海監督の待望の最新作。声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に神木さん、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役に上白石さんがそれぞれ決定しており、音楽は、その唯一無二の世界観と旋律で熱狂的な支持を集めるロックバンド・「RADWIMPS」が担当することでも注目を集めている。

新海監督は、『言の葉の庭』でドイツの「シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭」長編アニメーション部門のグランプリを受賞、同年「信毎選賞」を受賞するなど、美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎだす“新海ワールド”は世代や業界、国内外を問わず高い評価と支持を受けている。

この度発表されたのは、1905年にアメリカで創刊されたエンタテインメントビジネスの総合誌 「Variety」が、その年に注目すべき新人の俳優や監督、プロデューサーなどクリエイターを選ぶ「Varietyが選ぶ10人シリーズ」の中でも2015年から始動した新しい「注目すべきアニメーター10人」。昨年は『トイ・ストーリー4』の共同監督、ジョシュ・クーリーらが選ばれ、また特別賞として、ピクサーの創業者のエド・キャットムルや『トイ・ストーリー』などのジョン・ラセターが「Creative Impact in Animation」を受賞。そして2回目となる今回は、新海監督のほか、アニメ映画版『ゴーストバスターズ』のフレッチャー・ムール監督や、2017年公開予定のピクサーのアニメーション映画『COCO』の共同監督、エイドリアン・モリーナが選ばれている。さらに『カンフー・パンダ3』のジェニファー・ユー・ネルソン監督が「Creative Impact in Animation」を受賞したという。

この発表を受け新海監督は「とても嬉しく思います」と喜びを語り、「僕個人は非力な作り手ですし、日本製エンタメの凋落というような言説も囁かれる昨今でもありますが、心強いスタッフたちとともに僕たちなりに高く遠くを見つめ、国内外に誇れる作品作りをしていきたいと思っています」とこれからに向けてコメントを寄せた。

これまで、ディズニーやピクサー、ドリームワークスなど、アメリカのアニメーション業界のスタッフばかりが選出されてきた中で、日本人として初めて選ばれるという快挙を遂げた新海監督。最新作の本作が、今後海外から注目を集めることは間違いなしだ。

『君の名は。』は8月26日(金)より全国東宝系にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top