樹木希林節炸裂! 息子役・阿部寛に「こんな大きな似ても似つかない…」

最新ニュース

是枝裕和監督最新作『海よりもまだ深く』の母の日トークイベントが5月8日(日)に開催。主演の阿部寛、その母を演じた樹木希林、音楽を担当した「ハナレグミ」の永積タカシ、是枝監督が制作過程や母の日にまつわるトークを繰り広げた。

『海よりもまだ深く』は、是枝監督が実際に子どものころから20代後半まで暮らしていた清瀬市の団地で撮影された。ギャンブル好きのダメ中年男の良多は別れた妻に引き取られた息子を連れ、老いた母がひとりで暮らす団地へ行く。折しも台風が近づいており、別れた妻も合流し、4人はひと晩を過ごすことになるが…。

母の日のイベントということもあり、樹木さんを中心にトークは展開するが、この日も樹木さんは独特の物言いで会場をわかせる。開演前から会場の前に行列ができているのを見たそうだが「観終わって、元が取れなかったらごめんなさいね」とこれから映画を観る観客を前に先回りで謝罪! 是枝作品出演は今回で5回目となるが「最初の『歩いても 歩いても』はともかく、2作目(『奇跡』)、3作目(『そして父になる』)、4作目(『海街diary』)はみんな、忘れてるでしょ? 自分も忘れてるから」と言ってのける。

それでも、是枝監督の現場は心地が良いよう。「誰もとがってない。私ひとりがとがってました。(作品を)作ろうという目的に向かっていくところがいい。『私をこう撮って』とか『この衣裳は気に入らない』なんて言う女優がいなかったから。私の衣裳なんて、寝巻か普段着か区別がつかない」とユーモアたっぷりに語っていた。

「ハナレグミ」の永積さんは音楽および主題歌「深呼吸」について「(監督に)いろいろ質問したんですけど、ニコニコしてて、何も答えてくれない。『いい感じでいけるでしょ?』といつもいなされてました(笑)」と口にするが、監督は「イメージを決めつけて書いてほしくなかったからあいまいにしていた」と説明。しかし、「深呼吸」のメロディを聞いて「この歌で終わるのかと思うと嬉しかった」と称賛した。

ここでも樹木さんは、エンディングで流れた「深呼吸」の感想を問われると「ボーっと聴いてました。こういうのが好きなんだ…と」とそっけない感想で、慌てて阿部さんが「僕は感動しましたよ! 温かい歌でした」とフォロー。さらに、阿部さんが樹木さんとの共演について「狭い団地で至近距離でガッチリと共演し、いつまでも息子がかわいい母に温かい気持ちになったし、この距離感が嬉しかった」と語るも、樹木さんは「私は圧迫感がありましたよ」と言い「こんな大きな似ても似つかない息子が来て、狭い団地の小さな風呂にぎゅーっと入って。ローマ風呂に入ってたのにかわいそうに…」とブツブツと語り、会場は笑いに包まれた。

この日は、男性陣から樹木さんに200本のカーネーションをプレゼント。樹木さんは「こんな金があるなら…」とボヤキつつも「でもありがとう」と語り、多すぎる花をステージを降りて観客に1本ずつプレゼントするサービスまで行なった。

『海よりもまだ深く』は5月21日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top