竜星涼「賛否受け付けます!」問題作にして新境地『シマウマ』に手応え

最新ニュース

『シマウマ』初日舞台挨拶
  • 『シマウマ』初日舞台挨拶
  • 須賀健太、竜星涼『シマウマ』初日舞台挨拶
  • 竜星涼『シマウマ』初日舞台挨拶
  • 須賀健太『シマウマ』初日舞台挨拶
  • 日南響子『シマウマ』初日舞台挨拶
  • 加藤雅也『シマウマ』初日舞台挨拶
“絶対に読んではいけない漫画”として人気を誇り、累計発刊部数150万部を超える同名コミックを映画化した『シマウマ』の初日舞台挨拶が5月21日(土)、都内で行われ、竜星涼、須賀健太、日南響子、加藤雅也、橋本一監督が登壇した。

他者に受けた屈辱に対し、ありとあらゆる手段を代理復讐する“回収屋”の世界へ足を踏み入れる主人公ドラ/倉神竜夫を演じた竜星さんは、「お昼からパンチのある問題作を見ていただき、ありがとうございます。賛否受け付けます!」とファンに感謝の意。「中途半端なことをしたつもりはない。橋本監督には新境地を引き出してもらった」と手応えを示した。

一方、快楽殺人者・アカを演じた須賀さんは「今日はリベンジですから」とコメント。今月上旬に行われた完成披露試写会に劇中メイクで登壇したものの、「ネットを見たら、(記事の見出しが)竜星涼、竜星涼って…。やっぱり、竜星涼恐るべしですよ」と腑(ふ)に落ちない様子だが、「かと言って、がめつい印象を持たれるのも…」と複雑な表情だった。

タイトルにちなみ「白黒つけたいことは?」と聞かれると、竜星さんは「健太くんが、メシに行こうと言う割に、一向に連絡をくれない。その気がないのかなあ」と追及。須賀さんは「社交辞令ではないですよ」としどろもどろだった。

回収屋を取り仕切る“謎のボス”シマウマを演じる加藤さんは、かつて須賀さんと親子役で共演経験があり、「当時は7歳くらいだった? いつの間にかこんな大人になりやがって(笑)」とその成長ぶりに感慨しきり。撮影後には一緒にお酒を飲んだといい「すごくうれしかった」(須賀さん)、「びっくりしますね」(加藤さん)と再共演を喜び合った。

『シマウマ』はヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top