多部未華子、主演女優賞を受賞するも「10年間、ぼーっと生きてきた」とマイペース全開

最新ニュース

第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 浅野忠信/第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
  • 第25回「日本映画批評家大賞」実写部門授賞式
第25回「日本映画批評家大賞」実写部門の授賞式が5月26日(木)、東京芸術劇場にて行われ、浅野忠信、多部未華子、伊藤淳史、満島ひかりら受賞した豪華な面々が顔をそろえた。満島さんは、先日一部週刊誌で報じられた交際報道に関して「プライベートなことでお騒がせしております、すみません」と自ら切り出し、会場から熱視線を浴びていた。

1991年よりスタートした「日本映画批評家大賞」は、映画界を励ます目的のもと、現役の映画批評家が集まって実行する。発起人は水野晴郎で、現役の映画批評家たちの提唱により誕生した、批評家による批評家だけの目で選んだほかに類を見ない賞の位置づけだ。

『駆込み女と駆出し男』で助演女優賞を受賞した満島さんは、江戸時代、離婚を求めて縁切り寺に駆け込む、お吟を熱演した。「今回、眉を落としておはぐろにするかと提案され、やらせてもらいました。今回ほど、役は一人で作るものじゃないんだなと心から感じた現場はありません」と現場スタッフに感謝の気持ちを贈りながらも、改めて、授賞式の会場とう心境について言葉を紡いだ。「今日、映画に関わる先輩方の話を聞いていて、とってもいい会だなって。映画は大人たちを生き生きとさせるものなんだなと思って、私も一生懸命生きていこうと思いました」と最後は声を詰まらせながらも、女優として生きることを誓っていた。

一方、『ピース オブ ケイク』で不器用で恋愛に依存するダメ女・梅宮志乃役に挑戦し、濃厚なラブシーンや激しい演技が話題を呼び、主演女優賞受賞となった多部さん。2005年に新人賞受賞以来の登壇となり、「まさか10年後にこの場に立つとは思わず、わりとぼーっと過ごしてました(笑)」と、マイペースな多部さん節を全開。しかしながら並々ならぬ映画愛をにじませ、「演じる立場で映画に携わっていますが、ひとつの作品を喧嘩しながら、助け合いながら、話し合いながら素晴らしい作品にしたいと思ってつくる作業に携われることが、とても幸せです。年齢を重ねて求められる役も変わってきて、とても毎日刺激的で幸せな生活です」と、キュートな笑顔を振りまいた。

<第25回 日本映画批評家大賞/おもな受賞結果一覧>
作品賞:『ソロモンの偽証』
監督賞:大根仁(『バクマン。』)
新人監督賞:松永大司(『トイレのピエタ』)
主演男優賞:浅野忠信(『岸辺の旅』)
主演女優賞:多部未華子(『ピース オブ ケイク』)
助演男優賞:伊藤淳史(『ビリギャル』)
助演女優賞:満島ひかり(『駆込み女と駆出し男』)
新人女優賞(小森和子賞):藤野涼子(『ソロモンの偽証』)
新人男優賞(南俊子賞):山田涼介(『グラスホッパー』)、板垣瑞生(『ソロモンの偽証』)
選考委員特別賞:濱口竜介(『ハッピーアワー』)
ゴールデングローリー賞(水野晴郎賞):草村礼子、仁科亜季子、浜田光夫
ダイヤモンド大賞(淀川長治賞):吉永小百合、山田洋次
ドキュメンタリー賞:松本貴子『氷の花火 山口小夜子』
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top