ヒロインは元“ミス・ワールド”!「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」放送スタート

海外ドラマ

全米で「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」「NCIS ネイビー犯罪捜査班」超えを記録した、最新大ヒットドラマ「クワンティコ/FBI アカデミーの真実」が7月、Dlifeにて日本独占初放送されることになった。

このドラマの舞台は、バージニア州クワンティコに実在する、将来有望なFBIの候補生が集まる研修施設“FBI アカデミー”。一人の優秀なFBI捜査官の卵・アレックスが、アカデミー卒業後に起こった大型テロ事件で容疑者になるところから物語は始まる。まったくのえん罪のため逃亡を図るしかないアレックスは、その罠がFBIアカデミー時代に仕掛けられていたことに気がつく。アカデミー時代のトレーニングや人間関係を描く【現在】と、捜査官それぞれの【過去】、そしてテロ事件の真相解決に奔走する【未来】とが交錯しながら、クワンティコで企てられた陰謀が暴かれてゆくが…。

FBI捜査官がテロ事件の容疑者になるという衝撃の展開に、現在、過去、未来が交錯するノンストップ・クライムサスペンスとなる本作。頭脳、体力、美貌をかね揃えた新人FBI 捜査官アレックスを演じるのは、元ミス・ワールドのインド人女優プリヤンカー・チョープラー。2012 年「世界で最も美しい顔100人」に選ばれたこともある“ボリウッド”のトップ女優で、祖国では40本以上の映画に出演し、知らない人はいないというほど。インド出身の女優が米ドラマで主演を飾るのは、今回が初めてとなる。

また、スタッフには、映画『スピード』『プライベート・ライアン』を製作、その後はドラマ界で「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」や「グレイズ・アナトミー」という日本でも大人気のシリーズを生み出したハリウッドのヒットメイカー、マーク・ゴードン。「ゴシップガール」「SMASH」を手がけた、ガールズ・ドラマには欠かせないジョシュア・サフランとのタッグで、新たなFBIの世界を描き出していく。

「クワンティコ/FBI アカデミーの真実」は7月、Dlifeにて日本独占初放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top