傑作少女漫画「はいからさんが通る」、新作劇場アニメ化決定!

最新ニュース

1975年から1977年まで「週刊少女フレンド」(講談社)にて連載された大和和紀の傑作少女マンガ『はいからさんが通る』の劇場アニメ製作が発表された。2017年の公開を予定している。
これまでもたびたび映像化されてきた作品ではあるが、マンガ連載から40年以上。名作の新たな劇場アニメ化は大きなサプライズだ。

今回の発表は、新作劇場アニメの制作と2017年の公開予定のみで多くの情報は伏せられたままだ。制作スタジオやスタッフ、キャストも明らかにされていない。ティザービジュアルは披露されているが、主人公の紅緒とみられる人物は顔半分のみを見せており、キャラクターの特徴も隠された凝った仕掛けだ。
一方、6月1日には公式サイトと公式Twitterがオープンしている。今後はここから発信される最新情報が注目される。

大和和紀の『はいからさんが通る』は、大正時代を舞台にした時代ものの少女マンガだ。お転婆な少女である紅緒と、彼女の許婚である陸軍少尉の伊集院忍との恋の行方が描かれる。物語は恋愛ラブコメディから、後半に進むにつれて日露戦争を挟んだドラマティックな展開となる。
男女を問わず、長年、多くのファンを獲得してきたが映像化の多さも特徴だ。連載終了直後の1978年には、早くも全42話で日本アニメーションの制作でテレビアニメ化されている。本作はたびたび再放送され、ファンを拡大してきた。
1987年には紅緒役に南野陽子、少尉役に阿部寛の配役で劇場実写映画され、こちらも好評を博した。TVドラマ化は1979年、1985年、2002年と三回もあり、多くのメディアミックス展開がされてきた。今回の映像化はどんなかたちになるのか目が離せない。

今年、2016年は、原作者の大和和紀にとっても節目の年だ。マンガ家デビューから半世紀、画業50周年を迎えた。
6月30日からは東京・池袋の東武百貨店にて大和和紀画業50周年記念原画展が開催されている。懐かしの『はいからさんが通る』をここで先に振り返ってみるのもいいかもしれない。企画展は7月12日まで開催を予定する。

『はいからさんが通る』 
2017年公開予定
http://www.haikarasan.net
(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

[原作]
大和和紀
講談社KCデザート「はいからさんが通る」全8巻
講談社漫画文庫「はいからさんが通る」全4巻  好評発売中

「はいからさんが通る」新作劇場アニメ製作決定 2017年公開予定

《animeanime》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top