高畑充希、乙女必携のワンピースで登場!「装苑」7月号表紙に

最新ニュース

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にて主演を務め、いま人気急上昇中の女優・高畑充希が、自身2年ぶりに雑誌「装苑」7月号の表紙&巻頭ページに登場。今月の本誌内の連載“装苑男子”には、様々な難役に果敢に挑み続ける俳優の窪田正孝が選出されたことが分かった。

高畑さんは、舞台で女優デビューを果たすと、2007年から6年間にわたってミュージカル「ピーターパン」で8代目ピーターパン役を務め上げ、その後「奇跡の人」「美男ですね」「コーヒープリンス1号店」と立て続けに主演舞台に登壇。テレビドラマでは「3年B組金八先生」や「Q10」に出演し、2014年には大河ドラマ「軍師官兵衛」に初出演。ディズニー映画『シンデレラ』では洋画吹き替えに初挑戦し、日本版エンドソングにてミュージカルで鍛えたその美声を披露。今年に入ってからは、初月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や、岩田剛典とともに映画初主演を務める『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』公開、来年には『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』にて声優出演が決定しているなど、その勢いは止まらない。

そんな高畑さんが、文化出版局「装苑」7月号の表紙に2年ぶりに登場! 本誌内では、渋谷パルコで開催された写真展が記憶に新しい気鋭の写真家・奥山由之の撮り下ろしによるモデルカットを掲載するほか、本号特集テーマの「ワンピース」にちなみ、高畑さんのお気に入り私物ワンピースも紹介。彼女のファッション観に迫るインタビューも掲載されるという。

また、「装苑」が注目する俳優やアーティストをフィーチャーする人気連載“装苑男子”では俳優の窪田さんがファッション撮影に挑戦。窪田さんといえば、連続テレビ小説「花子とアン」で知名度を上げると、「デスノート」「臨床犯罪学者 火村英生の推理」「MARS~ただ、君を愛してる~」と話題ドラマに多数出演。様々な役を演じ分ける若手実力派俳優のひとりだ。今回は、凛々しく美しい姿を見せつつ、日々芝居に邁進する彼の内側を聞いたインタビューも掲載。ファン必見の内容のようだ。

「装苑」7月号は現在発売中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top