『インデペンデンス・デイ』リアム・ヘムズワースら新旧キャスト&監督が来日決定!

映画

ジェイク役リアム・ヘムズワース/『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 - (c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • ジェイク役リアム・ヘムズワース/『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 - (c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 - (c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 - (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 - (c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(原題) - (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』日本ポスター - (c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
20年前、世界を震撼させた『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、前作をさらに壮大に展開させる『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』。このほど、7月9日(土)の公開を前に、エメリッヒ監督とジェフ・ゴールドブラム、リアム・ヘムズワース、そして注目女優マイカ・モンローの来日が決定した。

エメリッヒ監督にとって、キャリア集大成となる渾身のブロックバスター超大作となる本作。今回、エイリアンの新たな宇宙船はアメリカ合衆国全土を覆うサイズへと巨大化し、女性大統領が誕生したアメリカをはじめ、世界の主要都市を破壊し尽くしていく。わずか3日間という人類滅亡のカウントダウンが刻まれるなか、エイリアンの真の目的が明らかになるが…。

前作で主演を務めたジェフ・ゴールドブラムとビル・プルマンが、それぞれESD(地球防衛軍)部長デイビッド、ホワイトハウスを去った“闘う大統領”ホイットモアに扮して再登場し、若き熱血パイロット、ジェイク役のリアム・ヘムズワース、ホイットモア大統領の愛娘で現大統領のもとで働いているパトリシア役マイカ・モンローら新キャストと共演する。

エメリッヒ監督は、「『インデペンデンス・デイ』の世界をいっそう拡大した。ストーリーも、エイリアンが地球へやって来て破壊するだけでなく、理由も描いたんだ。みんなに早く体験して欲しくてウズウズしている」と本作に自信を見せている。

監督の自信の根源は、スケールの大きさだけでなく、“最強のドリームチーム”と語るキャストの顔合わせだ。第1作のオリジナルキャストを再集結し、新メンバーを加えてチームを再結成した。「あれは間違いなく前回より大きい」とゴールドブラム演じるデイビッドが本作で呟くこの言葉は、本作における映像のとてつもないスケールの大きさを象徴しているが、スケールだけでなく「映画の楽しみと驚き、喜びも前作よりもずっと大きくなっている」と明かす。

そして、本作に新たに加わったヘムズワースは、前作が公開されたとき6歳だったとはいえ、お気に入りの映画だったといい「圧倒的に高等な攻撃力を持つエイリアンと戦って、まさに夢が叶ったようだった」と喜びを隠せない様子。日本で初お披露目となる特別試写会で、彼らが何を語るのかにも注目が集まる。

また、情報が出るたびに、ファンからの「早く観たい!」「遂に人類滅亡か? 気になりすぎる」という熱いコメントがSNS上に多数アップされる本作は、そんなファンたちの期待に応える形で7月8日(金)前夜祭上映(一部劇場を除く)も決定。今月30日(木)には、来日した監督&キャストたちが、六本木ヒルズ・アリーナおよびTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われる本作のスペシャルイベント&特別試写会に登壇する予定だ。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top