【今週末公開の注目作】『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』『シング・ストリート』ほか

最新ニュース

『シング・ストリート 未来へのうた』 (C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
  • 『シング・ストリート 未来へのうた』 (C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
  • 『森山中教習所』 (C)2016 真造圭伍・小学館/「森山中教習所」製作委員会
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『シング・ストリート 未来へのうた』 (C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
  • 『シング・ストリート 未来へのうた』 (C) 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『森山中教習所』 (C)真造圭伍/小学館
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
大ヒット作の続編や、話題の音楽映画など、注目作が目白押しの今週末公開の作品の中から、シネマカフェ編集部がピックアップしたオススメの作品をご紹介。今週末、あなたはどの作品を観に行く?

■『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

人類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年。30億人の尊い命を失った人類は、新たな襲来に備えるため、エイリアンが地球上に残した宇宙船のテクノロジーを取り入れ、堅固な地球防衛システムを構築した。エイリアンの侵略を経験したことで、その間、皮肉にも国家間の紛争はなくなり、歴史上前例のない国際協力体制が実現。アメリカでは、史上初の女性大統領が就任していた。だが、決戦に備えていたのは、人類だけではなかった――。

1996年の世界的大ヒット作の続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が今週公開。監督をローランド・エメリッヒが続投し、主演を『ハンガー・ゲーム』シリーズのリアム・ヘムズワース、前作にも出演したジェフ・ゴールドブラム、『フィフス・ウェイブ』のマイカ・モンローら。吹き替え初挑戦の藤原竜也にも注目。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。



■『シング・ストリート 未来へのうた』

舞台は1985年、歴史的な不況に突入したダブリン。両親の離婚やいじめなど、さえない日々を送っていた少年コナーが、「シング・ストリート」という名のバンドを組み、ストリートや海辺でミュージック・ビデオのゲリラ撮影を敢行する。なぜなら、ひと目惚れした自称モデルのラフィーナに、ミュージック・ビデオに出演してもらいたいから! そんな単純な動機で始めたバンド活動で、家庭に問題を抱えたそれぞれのメンバーたちとの友情が育まれていく。

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督最新作『シング・ストリート 未来へのうた』。数千人にもおよぶオーディションから選ばれたフェルディア・ウォルシュ=ピーロが主演を務め、「マルーン5」のアダム・レヴィーンが主題歌を担当。劇中を彩る80年代の音楽にも期待。

『シング・ストリート 未来へのうた』は7月9日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国にて公開。



■『森山中教習所』

夏休み。マイペースでテキトーな大学生・清高と、ポーカーフェイスでクールなヤクザの組員・轟木は、高校の同級生。ある日とんでもない再会をし、同じ非公認教習所に通うこととなる。境遇も性格も全く違うふたりが、へんてこな教習所でひと夏を過ごす。清高は教官・サキに恋心を抱き始め、楽しくて甘酸っぱい夏休みが平穏にすぎていくと思っていたが…。子どものようにフリーダムな清高と、諸事情から高校を中退しヤクザの道へ足を踏み入れた轟木。たった一度の短い夏休みはふたりの人生を変えるのか――!?

真造圭伍の同名コミックの映画化『森山中教習所』も今週公開。『ミュージアム』の公開が控える野村周平と「グッドパートナー 無敵の弁護士」の賀来賢人が主演を務め、共演に『俳優 亀岡拓次』の麻生久美子ら。星野源の主題歌にも注目だ。

『森山中教習所』 は7月9日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top