藍井エイル、Kalafina、LiSAら集結!「SONGS」初のアニソン特集

最新ニュース

藍井エイル&LiSA&Kalafina
  • 藍井エイル&LiSA&Kalafina
  • 藍井エイル
  • Kalafina
  • LiSA
1960年代から現代に至るJ-POPの名曲を中心に、曲が生まれた時代背景やアーティスト自らの人生哲学を語るNHKの音楽番組「SONGS」。この度、「SONGS」初の“アニソン特集”が6月9日(木)に放送決定。藍井エイル、「Kalafina」、LiSAら豪華アニソンアーティストが登場する。

これまで、「Mr.Children」「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」、星野源、テイラー・スウィフトら豪華アーティストたちをゲストに迎え、彼らの音楽制作の秘密やルーツ・音楽観を語り、ヒット曲や代表曲など豪華ラインナップで楽曲を披露してきた同番組。今回は注目するのは、日本発の文化が世界で熱狂を呼び起こしている“COOL JAPAN”現象を象徴するコンテンツ・アニメ。「なぜ今世界は日本発のアニメに熱狂するのか?」その秘密を、音楽を通して探る。

インターネットの普及もあり、現在では全世界同じタイミングで、日本発のアニメを楽しむことができるため、ファンの数は着実に増加。そんな中、主題歌を歌うアーティストたちは、ただ楽曲を歌うだけではなく、アニメ作品の世界を表現する存在として、熱烈に支持を得ている。その熱狂を代表する3組のアーティストが「SONGS」のスタジオに集結!

ひとりは、テレビアニメ「Fate/Zero」エンディングテーマ「MEMORIA」をはじめ、テレビアニメ「ソードアート・オンライン」フェアリィ・ダンス編オープニングテーマ「INNOCENCE」やテレビアニメ「アルスラーン戦記」エンディングテーマ「ラピスラズリ」で知られる藍井さん。昨年11月には初の日本武道館公演を成功させた彼女は、ロックテイスト溢れるサウンドで人気に。番組ではアニメ「ソードアート・オンラインII」オープニングテーマの「IGNITE」を披露する。

そして、日本国内のみならず、台北・上海・香港など海外でもライブを開催する女性3人組ヴォーカルユニット「Kalafina」。梶浦由記プロデュースによる、劇場版『空の境界』主題歌プロジェクトとして結成され、シングル「oblivious」(2008年)で鮮烈のデビューを飾る。以後、リリースするアルバム作品すべてがオリコンウィークリーチャートTop 10以内にチャートインし、2015年には「Kalafina」初の日本武道館公演を敢行。番組ではアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」エンディングテーマを披露する。

また、親しみやすいキャラクター性と同性からの支持が厚い独特のファッションセンス、そしてオーディエンスを煽り巻き込むパワフルなライブパフォーマンスで人気を集め、昨年、映画『ミニオンズ』で初めて日本語吹き替えに挑戦するなど活躍の幅を広げるLiSAさんも登場。2010年放送TVアニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster」2代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、2011年春にソロデビュー。2014年には、自身初となる日本武道館ワンマンライブを開催、2015年の日本武道館ワンマンライブは指定席が即日完売するなど、高い人気を誇る。番組内では、アニメ「Fate/Zero」 1st シーズンオープニングテーマ「oath sign」を披露する。

さらに、本放送のナレーションを、「名探偵コナン」2代目・毛利小五郎や「Fate/Zero」衛宮切嗣役など数々のアニメ作品に出演し、海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」ジャック・バウアー役の吹き替えでもおなじみの声優・小山力也が務める。

「SONGS」初のアニソン特集は6月9日(木)22時50分より総合テレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top