ネクストブレイク期待! 恒松祐里の初主演作『その一言がいえなくて』が先行上映中

最新ニュース

『その一言がいえなくて』
  • 『その一言がいえなくて』
  • 『その一言がいえなくて』
  • 『その一言がいえなくて』
  • 『その一言がいえなくて』
  • 『その一言がいえなくて』
  • 恒松祐里 - (C) 篠山紀信
  • 『その一言がいえなくて』
『くちびるに歌を』で合唱部のメインキャストを務めた恒松祐里主演作『その一言がいえなくて』の前編が、6月2日から開催中の「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2016」内で、特別先行上映が実施されている。

しっかり者だけど人間関係はどこか不器用な友梨(恒松さん)は、商社に勤める父親(袴田吉彦)の転勤と再婚で台湾に引っ越すことに。新しい母親(曾沛慈/ツォン・ペイツー)は言葉の通じない台湾人。そんな継母との関係に戸惑う友梨。やがて、とあることをきっかけに2人の関係が変わっていく…。

ネスレ日本が配信するネットムービー「ネスレシアター」の作品として製作された本作。NHK朝の連続ドラマ「まれ」や、フジテレビの月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」などの話題作に出演し、ネクストブレイク女優として注目が集まる恒松さんが映画初主演を果たし、全編台湾ロケで、監督とプロデューサー以外は全て現地スタッフという環境のもと製作された。

撮影現場では、常に周囲を明るくするオーラを持つ恒松さんに言葉の通じない現地のスタッフも魅了され、撮影監督の周宜賢(ジョウ・イーシエン)は、予定になかった恒松さんのアップを追加撮影が行れたとのこと。撮影中は、彼女の周りに常に現地のスタッフが集まっている状態だったようだ。

本作に関して恒松さんは「海外での撮影は初めてだったので、最初は言葉の壁を超えられるか心配でした。ですが、スタッフの方々が親切に接してくださったおかげで一緒にいた時間は短かったのですがとても濃い時間を過ごすことが出来ました!」とコメントを寄せている。

7月中旬に「ネスレシアターon YouTube」で前編・後編を同時公開予定の本作。「ショートショート フィルムフェスティバル」での先行上映は、いち早く本作の全編を鑑賞できる機会となる。

『その一言がいえなくて』は、6月10日(金)19時半~21時10分、6月14日(火)15時半~17時10分のプログラム内で横浜ブリリアショートショートシアターにて、6月16日(木)19時半~21時10分のプログラム内で渋谷SHIDAXにて先行公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top