長澤まさみ&市原悦子、新海誠監督最新作『君の名は。』参加決定!

映画

先日、米エンターテインメント誌「Variety」の「2016年の注目すべきアニメーター10人」に日本人として初選出され、日本のみならず世界からも高い評価を受けているアニメーション映画監督・新海誠の最新作『君の名は。』。すでに本作のメインキャストに神木隆之介、上白石萌音が決定しているが、今回新たに長澤まさみ、市原悦子らが参加することが明らかとなった。なお、神木さん、上白石さん、長澤さん、市原さんの4人は今回が初共演となった。

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(上白石萌音)は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢…」。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(神木隆之介)も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。彼らが体験した夢の秘密とは。出会うことのない2人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語がいま動き出す――。

『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』など、意欲的な作品を数多く作り出し、次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される新海監督。美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”は世代や業界、国内外を問わず大きな刺激と影響を及ぼしてきた。そんな新海監督の待望の最新作とあって、日本最高峰のスタッフが集結。キャラクター原案を務めるのは、『心が叫びたがってるんだ。』などで新時代を代表するアニメーターとなった田中将賀。そして『千と千尋の神隠し』など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド・安藤雅司を作画監督に迎え、また音楽は、熱狂的な支持を集めるロックバンド「RADWIMPS」が担当していることでも話題だ。

声の出演には、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を上白石さん、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役を神木さんが担当する。そして、2人を支える新たな声優陣がこのほど決定。瀧が密かに想いを寄せるバイト先の先輩・奥寺ミキ役として現在大河ドラマ「真田丸」に出演中で、スタジオジブリの『コクリコ坂から』で主人公の声を担当した長澤さん。三葉の祖母・宮水一葉役として、国民的ドラマ「家政婦は見た!」シリーズを筆頭に、女優として幅広く活躍しながら、1975年から約20年間「まんが日本昔ばなし」で語りと登場人物の声を担当するなど、数多くのアニメ作品への出演、ナレーション経験を持つ声のベテラン・市原さんが抜擢された。

今回の決定に長澤さんは「映像を一目観ると、一気に空気感が身体の中に入ってきて、とても気持ち良い作品だと思います」と語り、「“奥寺先輩”は主人公の憧れの女の人なので、大人っぽさ、優しさ、少しだけ色っぽさが出るよう意識しました」とコメント。さらに、子どもの頃から「家政婦は見た!」と「まんが日本昔ばなし」が大好きだったと語った長澤さんは「今回市原さんのお声を聞くのを楽しみにしていました。市原さんと一緒の作品に参加できて、本当に光栄に思います」と喜びも語った。

一方、市原さんは「都会に憧れる若者たちの、掴みどころのない、希望と不安で揺れているような心情が描かれていて、それは私には新鮮で触れたことのない世界でした。分からないからこそ面白くて、やってみたいと思い、受けさせていただきました」とオファー時の心境を語り、「新海監督はとても丁寧に演出され、出演者にもとても優しく、これも驚きでした」と収録をふり返った。

そのほか、三葉の妹・四葉役に人気子役の谷花音。三葉の同級生・勅使河原克彦役に「Men’s non-no」人気モデル・成田凌。そして、同じく三葉の同級生の名取早耶香役に「魔法少女まどか☆マギカ」などに出演する悠木碧、瀧の同級生・藤井司と高木真太役に「Free!」の島崎信長、「ハイキュー!!」の石川界人と若手声優陣も集結。ほかでのなかなか見られないキャストが、今回一堂に会している。

また、新海監督は「劇中では描いていない奥寺の陰影までも感じさせるような長澤さんの芝居に、すべての“男の子たち”はどぎまぎさせられてしまうはず」「『まんが日本昔ばなし』に育てられた僕にとっては、一葉役は市原悦子さん以外にあり得ませんでした。最高の語りをいただけました」と長澤さんと市原さんを絶賛した。

『君の名は。』は8月26日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top