劇団四季「ライオンキング」、東京公演が通算公演回数6,000回突破!

最新ニュース

劇団四季「ライオンキング」(C)Disney
  • 劇団四季「ライオンキング」(C)Disney
  • 劇団四季「ライオンキング」(C)Disney
1998年開幕以来、日本演劇史上初となる無期限ロングラン公演を継続中の劇団四季ミュージカル「ライオンキング」東京公演。この度、6月5日の公演で通算公演回数6,000回を達成! 本編終了後には、出演者を代表して、スカー役・野中万寿夫が壇上で感謝の言葉を伝えた。

ディズニー映画『ライオンキング』を、色彩豊かな舞台美術や象徴的な仮面、そしてさまざまな趣向をこらした動物たちのパぺットなどを用いて舞台化した劇団四季のミュージカル「ライオンキング」。父の死に苦悩しながらも、試練を乗り越えて王となる宿命に生きるシンバを中心に、“サークル・オブ・ライフ=生命の連環”という普遍のテーマが描かれ、自然の摂理、生命の営み、その中で父から子へと受け継がれていく意志が伝わる感動作だ。

現在、港区・四季劇場[春]にて東京公演が上演中だが、このほど、単独の通算公演回数は6,000回、総入場者数は約650万人と圧倒的な記録を樹立。大阪、福岡、名古屋、札幌と他県でも上演されており、全ての都市を含めた国内通算公演回数は10,572回、総入場者数は約1,080万人に登る。

通算公演回数6,000回を迎えた6月5日の本編終了後には、スカー役の野中さんが出演者を代表して「本日、『ライオンキング』東京公演は、単独の通算公演回数として6,000回を達成いたしました」と報告。「1998年の開幕以来この東京公演は、日本演劇史上初となる『無期限ロングランへの挑戦』を続けております。こうして6,000回もの上演を積み重ねられましたのも、ひとえに皆様おひとりおひとりのご支援の賜物と出演者、スタッフ一同、心より御礼申し上げます」とこれまでのファンからの応援に多大なる感謝をコメント。満席の客席からは大きな拍手が送られたという。

ミュージカル「ライオンキング」東京公演(四季劇場[春])は、現在、12月30日(金)公演分までのチケットが発売中。“無期限ロングランへの挑戦”を掲げる彼らの迫力ある一大エンターテインメントを、是非劇場で体感して。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top