【特別映像】中村勘九郎&松坂桃李ら心中告白!「まさか映画になるとは」『真田十勇士』メイキング

映画

中村勘九郎、松坂桃李、大島優子ら豪華キャストが出演し、日本エンタメ史上、類を見ない大規模プロジェクトの最終形として、いよいよ“出陣”する映画『真田十勇士』。熱い注目を集める本作のメイキング特別映像が解禁、広大なロケセットや躍動感あふれるアクションシーンが披露された。

時は戦国、関が原の戦いから14年の歳月が流れ、徳川家康は天下統一を目前にしていた。徳川と豊臣の対立が深まる中、次々と大坂城に入城する豊臣方の武将たち、その中に一際、異彩を放つ一団がいた。天下の名将として名高い真田幸村を筆頭とした真田十勇士の面々。ついに、大坂冬の陣、夏の陣の火ぶたが切って落とされる! 

大河ドラマをはじめ、“真田イヤー”として盛り上がる2016年。本作は、2014年に上演され、今年再演も決定しているスペクタクル超大作舞台「真田十勇士」を、同作品の出演者を中心に、同じく演出を手がけた奇才・堤幸彦監督が映画化するという一大プロジェクト。

このほど解禁されたメイキング映像からは、堤監督ですら「端から端まで全部見渡すことができないくらい大きく」、「ロケも広大な敷地を借りて」撮影されたことが明かされる。3か月かけて制作された真田軍の出城・真田丸には、200人以上のエキストラが集められ、<大坂の冬の陣>の撮影が行われた。

映像では、勘九郎さん、松坂さん、大島さんらが登場。勘九郎さんと松坂さんがキレッキレのアクションシーンを披露したかと思えば、大島さんがワイヤーアクションに挑むなど、躍動感あふれる怒涛のアクションの連続に圧倒される。

実は“腰抜け”な主人・真田幸村(加藤雅也)を天下一の武将に仕立て上げる“真田十勇士”の中心的存在・猿飛佐助に扮する勘九郎さんは、舞台版に続く主演に「まさか映画になるとは思わなかったんですけど、素直に嬉しかったですね。結構ハードな舞台だったので、死ぬ思いでやっていたものが報われたのかなって」と感慨深げにコメント。容姿端麗&寡黙でクールな実力派忍者・霧隠才蔵を演じる松坂さんは、「笑って感動して、オワッ! てなって、ゾクッ! となり、あっという間に時が過ぎる時代劇作品もなかなかないんじゃないかな」と撮影当時の手ごたえを語る。

また、堤監督作品3作目にして、本格時代劇初出演の大島さんは、2人の幼なじみである女忍び・ほたる役について「アクションとか演出がダイナックとか派手なだけじゃなくて、色んなものを含めて凄くパワーのある作品だと思ったから、これ全部つながったらどれだけヘビーなんだろうと思ったんですけど」と映画完成に心を躍らせている様子だ。


「盆暮れ正月がいっぺんにきたようなそんな作品にしたいと思っています」と堤監督が語る、超ド級エンターテイメント・ムービー。まずはこちらのメイキング映像から、圧倒的なアクションシーンと熱いドラマを覗いてみて。

『真田十勇士』は9月22日(木・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top