山崎賢人、黒王子ならぬ“白王子スーツ”でイメージアップを画策!?

最新ニュース

二階堂ふみと山崎賢人が6月9日(木)、映画『オオカミ少女と黒王子』の大ヒット御礼舞台挨拶にそろって登壇! 本作のプロモーションとしては最後となる機会に、互いへの感謝の気持ちを口にした。 

恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”の女子高生・エリカ。友だちにウソがばれそうになり、とっさに街で見かけたイケメン・恭也を彼氏としてその場をしのごうとするが、彼は同じ学校の同級生で、彼氏のフリをする見返りに、エリカは超どSな彼に服従することを誓ってしまい…。

山崎さん、二階堂さんは映画を見終えたばかりの観客の間を通って登場! 会場は黄色い歓声に包まれる。“黒王子”の山崎さんは、この日は上下とも純白でキメてきたが「今日は“白王子”です。ずっと黒いスーツとかだったので、今日はいいイメージで。イメージアップキャンペーン中です!」とおどけた。

二階堂さんにとって、本作で演じたエリカはいままでにない挑戦的な役柄となった。その映画が公開13日間で55万人を動員し、興行収入6億5,500万円を突破するヒット作になったことについて「嬉しいです。お話をいただいてから、温めてきた作品でした。チャレンジングな役柄で久しぶりに山崎くんとご一緒できて、特別な作品になりました」と喜びを口にした。

劇中ではドSっぷりをいかんなく発揮している山崎さんだが、それは自身の内面にある特性なのか? と問われると「あんまりないですね。お芝居だから楽しめました。男から見ても、カッコいいセリフや好きなセリフがいっぱいありました」と明かす。特にお気に入りのセリフを聞かれ「うるせぇ口だな」と恭也のセリフを再現すると、客席からは「キャー!」と歓声が上がる。山崎さんは「いま、汗がすごいです」と苦笑い。撮影終了後も「ふざけて、マネージャーさんに(恭也のセリフの)『これでお前、おれに頭上がんないな』と言いたいがためにごはんをおごったりしてます(笑)」と明かし、会場は笑いに包まれた。

この舞台挨拶が、本作での最後のプロモーション活動ということで、2人とも寂しさも。二階堂さんは山崎さんに対し「ありがとうございました。その言葉に尽きます。山崎くんがいなくちゃできないことがいっぱいあったし、山崎くんあってのエリカでした。刺激になる同い年の俳優さんなので、いつかまたご一緒できたら」と語った。

山崎さんは、6年前の二階堂さんとの初共演作が自身のデビュー作であったことに触れ「そこから違う道を歩み、またこの作品で出会えて、いろんなことを教えてもらいました。楽しかったし、いい時間を過ごすことができました」と感謝の思いを伝えていた。

『オオカミ少女と黒王子』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top