岩田剛典、運命の恋は「信じる」と即答!

最新ニュース

有川浩の人気小説を映画化した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』のヒット御礼舞台挨拶が6月11日(土)、都内で行われたW主演を務める「EXILE/三代目J Soul Brothers」の岩田剛典、高畑充希が出席。それぞれの恋愛論を明かしていた。

ごく普通のOL・さやか(高畑充希)はある日、マンションの前で行き倒れていた青年・樹(岩田剛典)から「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?」と誘われ、半年間の期限付きで同せいを始める恋愛ストーリー。

2人にとって、本作は初の主演作で「ありがたい反響が届きまくっています。この作品との出会いは、表現者として糧になった」(岩田さん)、「観たよという声が、私の周りでも広がっている。ここまで大きな作品になるなんて。岩田くんに感謝です」(高畑さん)と喜びを噛みしめていた。

タイトルになっている“運命の恋”について、岩田さんは「信じる」と即答し、女性ファンのハートをがっちりキャッチ! 一方の高畑さんは「私は一目惚れはなかなかないですね。中身重視です! ある程度の時間、一緒にいないと気が合うか分からないし、『気づいたら、好きになっていた』ということが多い」と自身の経験を踏まえ、恋愛論を語っていた。

劇中では樹が突然消息不明になり、さやかはその後1年間待たされるという設定だが、「実際、1年間待てるか?」が話題になると、「好きな気持ちがあれば、待てますね。5年ですか? 5年経つとルックスも変わりますから…。冗談ですよ」(岩田さん)、「樹くんくらい完璧男子だったら…。でも5年経つと、同じくらい素敵な人に出会えそう」(高畑さん)となかなか現実的な見解を示していた。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top