斎藤工、阪本順治監督との衝撃の出会い明かす! あの名優との殴り合いを仲裁!?

最新ニュース

阪本順治監督&斎藤工/『団地』トークイベント
  • 阪本順治監督&斎藤工/『団地』トークイベント
  • 斎藤工/『団地』トークイベント
  • 斎藤工/『団地』トークイベント
  • 阪本順治監督/『団地』トークイベント
  • 斎藤工/『団地』トークイベント
  • 阪本順治監督&斎藤工/『団地』トークイベント
  • 斎藤工/『団地』トークイベント
  • 阪本順治監督&斎藤工/『団地』トークイベント
斎藤工と阪本順治監督が映画『団地』の公開を記念して6月11日(土)、ガチトーク“しゃべくりナイト”と銘打ってのトークイベントを行い、10年以上前の衝撃の出会いなどについて語り合った。

斎藤さんはこの日もいつものように(?)、独創的なコーディネートで登場。白いシャツに下はジャージで、しかも裾を赤い靴下の中に入れ、足元は革靴という出で立ちで、早速、阪本監督から「これ、アディダス?」といじられる。さらに監督から「(中の下着は)トランクスではないんですよね?」と振られると、斎藤さんは「ボクサータイプです。本当はトランクスの方がいいらしいです。寝るとき、熱が1か所にこもると支障があるらしいので。なので、寝るときはノーパンかトランクスです」と自らの下着事情を明かし、会場を笑いに包む。

斎藤さんは本作で阪本作品初参加だが、監督との出会い自体は10年以上前だったそうで『この世の外へ クラブ進駐軍』の打ち上げに、知り合いのスタッフに誘われて顔を出したという。そこで「映画よりも映画的だった」という衝撃的な“事件”に遭遇。ある俳優と監督が突然、殴り合いのケンカを始めたという。当時、斎藤さんがその場にいたことを覚えていないという阪本監督だが、ケンカのことはもちろんよく覚えているようで「大ゲンカで、それを止める原田芳雄がいたり、(殴られた)僕のために大楠道代がお店の厨房からおしぼりを持ってきてニコニコしていたり…。お店の人が『警察呼びますよ!』と言ったら、原田芳雄が『警察呼ぶな!』と言って(笑)」と述懐。当時、20代前半だった斎藤さんは「瑛太さん、新井浩文さん、僕が止める側で…」とふり返る。

さらに斎藤さんは、その後の展開にも驚愕したそうで、騒動後「監督とその人が肩を組んで夜の街に消えていった。素晴らしいなと思いました」としみじみと語った。気になるケンカの相手に関して、2人とも実名は出さなかったが、阪本監督はケンカの原因と顛末について「“ロクヨン”でおれが正しい(笑)」とさりげなくヒントを口にしニヤリ。阪本作品の常連で、ロクヨンといえば…? 察しのいい観客からは驚きの声が上がっていた。

ちなみにその『この世の外へ クラブ進駐軍』の劇中音楽と俳優陣への楽器指導をデビュー前の大橋トリオが担当しており、その現場には大橋トリオさんもいたという。斎藤さんは、大橋トリオのミュージックビデオを担当するなど縁が深いが、そんなところに意外なつながりが! 「最近になって、大橋トリオさんもあの場にいたという話になって」と驚きを明かし「あの場からいろんな人が巣立っていったんですね(笑)」と感慨深げだった。

それから十数年、念願かなって阪本組の一員となった斎藤さんだが、阪本作品への思い入れについた改めて「父親が映像制作の側の人間で、思春期に父と会話がなくなった時、唯一の会話が映画だった。そのとき、阪本監督の作品についてものすごく話しました。僕のデビューの年に『顔』が劇場公開されたんですが、今回、父に出演を伝えたら飛び上がって驚いていました」と嬉しそうに明かしていた。

阪本監督は現場での斎藤さんについて「藤山直美さんに遊んでもらってた」と語り「本番前に難しいセリフを斎藤くんが一生懸命、確認してるのに、藤山さんはずっと話しかけてて、斎藤くんが物陰に逃げても追いかけてた(笑)」と指摘。斎藤さんは「藤山さんが話しかけてくるのは阪神の調子がいいとき。阪神の調子が現場に反映されてました」と楽しそうに語っていた。

『団地』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top