神木隆之介も歓喜!『君の名は。』LAで世界初上映決定「世界がこの作品に恋をする」

映画

『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 新海誠監督&『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 「RADWIMPS」アーティスト写真
次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の最新作『君の名は。』。先日、声優陣に長澤まさみや市原悦子が参加することが発表され話題を集めたが、そんな本作がこの度、ロサンゼルスで行われる「Anime Expo 2016」にて特別上映作品として世界初上映されることが決定した。

千年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(上白石萌音)は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢…」。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(神木隆之介)も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。彼らが体験した夢の秘密とは。出会うことのない2人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語がいま動き出す――。

声の出演として、ヒロイン・三葉役に上白石萌音、夢に出てきた男の子・瀧役に神木隆之介、そして先日発表された長澤さんが、瀧が密かに想いを寄せるバイト先の先輩・奥寺ミキ役、市原さんが三葉の祖母・宮水一葉役をそれぞれ担当。そのほか、成田凌、悠木碧、島崎信長、石川界人、谷花音ら各方面で活躍するキャストが揃った。

本作の上映が決定した「Anime Expo」は、北米最大のアニメ・コンベンションとして有名で、1992年の初開催から、今回で25年目を迎える。今回は、7月1日(現地時間)から4日間、ロサンゼルスコンベンションセンターにて行われ、本作のワールドプレミアは、3日に開催。なお、今回は新海監督も渡米し、上映後のティーチインも予定されている。

今回の決定に神木さんは「作品に関わらせていただいた者として誇りに思います。新海監督の作品は唯一無二の作品ばかりです。『君の名は。』はその最高傑作です」と語り、「世界中の方々が必ず美しいと感じる素敵な物語になっています。世界がこの作品に恋をするでしょう」とコメントを寄せた。

本作の主題歌を含む音楽は、その独自の世界観と旋律で熱狂的な支持を集めるロックバンド「RADWIMPS」が担当。作画監督には『千と千尋の神隠し』など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けたアニメーション界のレジェンド・安藤雅司が務め、『心が叫びたがってるんだ。』などで新時代を代表するアニメーターとなった田中将賀をキャラクターデザインに迎えるなど、日本最高峰のスタッフが集結している。

国外の映画祭で数々の賞を受賞し、また、米エンターテインメント誌「Variety」の「2016年の注目すべきアニメーター10人」のひとりに日本人として初めて選出された新海監督。過去には2013年のAnime Expoにて『言の葉の庭』が上映され、現地のファンを熱狂させてきた。その新海監督最新作とあって、現地の反応が楽しみだ。

『君の名は。』は8月26日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top