貞子、伽椰子に“総選恐”で勝利で万歳!安藤政信は過激発言で満員初日に喜び!

最新ニュース

山本美月&玉城ティナ『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 山本美月&玉城ティナ『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 安藤政信『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
  • 『貞子vs伽椰子』舞台挨拶
日本映画が生んだ2大ホラー巨頭の激突を描く『貞子vs伽椰子』が6月18日(土)についに公開。山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕、安藤政信、白石晃士監督、そして“総選恐”の勝者となった貞子が舞台挨拶に登壇した。

呪いのビデオの貞子、呪いの家の伽椰子と俊雄、それぞれの呪いにとり憑かれた女子大生の有里と女子高生の鈴花は霊媒師の指示に従い、貞子と伽椰子を直接ぶつけ合い同時消滅させることを画策するが…。

山本さんは、映画を見終えたばかりの観客が座る客席を見渡し「やっとこの日が来たという感じです。現場でお会いして以来という方もいて、(映画から)飛び出してきたみたい(笑)。満席で嬉しいです!」と満面の笑みを浮かべた。

ほかのキャスト、そして白石監督も満員の客席にほっとしたようだが、過激な発言で喜びを口にしたのは安藤さん。「(出演作の)『GONIN サーガ』『セーラー服と機関銃 -卒業-』も2週間で打ち切りで悲しかったので、これは入ってほしい! どっちも角川だったので、角川のひともそう思ってると思います(笑)!」と語り、会場を笑いに包む。

安藤さんは、撮影エピソードに関するトークでも、自身が演じた霊媒師について「インチキくさい役で、監督も『テキトーにやってりゃいいよ』って感じでした」と語り、これには白石監督もたまらず「そんなことないよ(苦笑)!」と抗議! 安藤さんは「“テキトーを真剣に”やってくれたらということ(笑)」と言葉足らずな部分を補足。そして「学生時代からホラー映画ばかり見て育ってきたので、ジョージ・ロメロやダリオ・アルジェントとか大好きだったし、ホラー映画に出られて嬉しかった」としみじみと喜びを口にしていた。

また、本作公開前には総選挙ならぬ“総選恐”と称して、貞子と伽椰子の人気投票を開催し、勝者は初日舞台挨拶への出席ができ、逆に敗者は罰ゲームとしてゴミ拾いということで話題を呼んでいたが、ついに結果が判明! 66,478票対65,797票で僅差ながら貞子が勝利を収めた。

舞台挨拶に登壇した貞子は静かに万歳をし会場をわかす。一方、敗者の伽椰子は俊雄を伴い、渋谷の街に妙になじみながらゴミ拾いをする様子がスクリーンに映し出され、しかも敏雄は「I LOVE 伽椰子」と書かれたTシャツを着ており、会場は愛に包まれた。

『貞子vs伽椰子』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top