【特別映像】X-MENへのお誘いも“デップー節”でお断り!?『デッドプール』

映画

『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『デッドプール』ティザーポスター (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
何もかもが規格外のニュー・ヒーロー像が熱い支持を獲得、現在大ヒット中の『デットプール』。このほど、日本での観客動員がついに100万人を突破したことを受け、あの“X-MEN”に勧誘されるも、あっさりとお断りする、いかにもデップーらしい本編映像が解禁となった。

どんな攻撃を受けても回復できる肉体とひきかえに、全身を醜く変化させられてしまったウェイドことデッドプール(ライアン・レイノルズ)。彼は、自身を実験台にし人生を滅茶苦茶にした宿敵エイジャックス(エド・スクライン)を、ついにハイウェイでとらえることに成功する。

今回、大ヒット記念として届いた映像は、宿敵エイジャックスをとらえたデッドプールの前に、騒ぎを聞きつけたX-MENのコロッサスと“NTW”ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)が現れる本編シーンだ。

全身がメタリックな鉄人のコロッサスは、デップーに「こんなことやってちゃダメだ。俺たちと力を合わせて、ヒーローになれ」と諭し始める。だが、タイヤのホイールをエイジャックスに向かって、まるでフリスビーのごとく投げているデップーは耳を貸さない。挙句の果てに、「ボケ集団に入り、ネバーランドの屋敷に住み、カルト宗教の教祖風なハゲの、部下になる気になったら、連絡してやるよ。それまでは1人でやる」と、あっさりと断ってしまうのだ。

“理想郷”ネバーランドのようなお屋敷に住む、 “教祖風なハゲ”とは、もしや…? さらには、せっかくの復讐の機会を邪魔され、苛立つデップーは、ガムを噛んでいるNTWに向かって「邪魔するとその女をひっぱたくぞ」と毒舌にも拍車が掛かっていく。しかし、そんなデップーに「バカプール」と声を掛けるNTWが指さした先には、さっきまでいたはずのエイジャックスの姿はすでになし。これにはショックのあまり、驚きを隠せない“俺ちゃん”なのであった――。


悪者をやっつける正義の味方、ヒーローにはまったく興味なしのデッドプール。彼はただ、愛する彼女と再会するためだけに、自分の醜く変わってしまった顔を元に戻せるエイジャックスを追っているのだ。その一途でピュアな姿には、胸キュンする女子が続出中。型破りなデップーのキャラクターを象徴する本映像でも、ときめいて(?)みて。

『デッドプール』は、TOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top