石田ニコル、西内まりやと敵対するダークヒロインに!「セクシーさ出せるように」

映画

石田ニコル/『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 石田ニコル/『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 石田ニコル/『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 石田ニコル/『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 石田ニコル/『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 石田ニコル/『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY-TEARS-」製作委員会
  • 西内まりや主演『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY -TEARS-」製作委員会
  • 『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016 「CUTIE HONEY-TEARS- 」製作委員会
西内まりやを主演に迎え、永井豪原作の名作が新たな時代に全く新しく生まれ変わる『CUTIE HONEY -TEARS-』。このほど、先日解禁された本編映像にもちらりと姿を見せていた、西内さん演じる如月ハニーと敵対するダークヒロインを、石田ニコルが演じていることが分かった。

舞台は近未来。AIに支配された漆黒の世界ーー。上層階に住む、わずかな富裕層の快適な生活を維持するため、下層階に住む多くの貧困層が、上層階から垂れ流される汚染物質の雲に覆われた中で暮らしていた。そんなあるとき、下層階に1体の美しいアンドロイド・如月瞳(西内さん)が上層階から落下してくる。彼女は自分の産みの親・如月博士に実の娘の記憶を移植された、感情を持ったアンドロイド。上層階の新聞記者である早見青児(三浦貴大)、下層階のレジスタンスである浦木一仁(高岡奏輔)、清瀬由紀子(今井れん)、木村龍太(永瀬匡)たちとの出会いをきっかけに、如月は人類最大の危機に立ち向かう…。

「ハニーフラッシュ」のコールで一世を風靡した、強く美しく、セクシーなキューティーハニーが、今度は、異常気象や未知のウイルスが蔓延し人口が激減した、AIに支配された近未来を舞台に戦いに挑む本作。

そんな本作で、西内さん演じる人間の感情を持つアンドロイド・キューティーハニーこと如月瞳と敵対する、巨悪のヒロイン・ジル役を熱演しているのが石田さん。下層階に汚染物質を垂れ流す、上層階の支配者として、劇中では西内さんと激しくも華麗なアクションシーンにも挑戦、2人の体当たりバトルが本作最大の見どころとなる模様だ。

石田さんは、「小さいころ観ていたキューティーハニーに今回ダークヒロインとして関われたことをすごく嬉しく思います! ジルを演じるにあたって、ジルの強さと同時に、セクシーさも出せるように衣装なども話し合い、スタッフさんにいろいろ無理を言ってしまいました(笑)」とコメント。合わせて到着した場面写真からも分かるように、その衣装は、まさにクールでセクシー。さらに、「チャレンジしてみたかった初のワイヤーアクションとCGで、新しいキューティーハニーになっていて絶対楽しめると思います!」と力強く語り、華麗なアクションシーンをアピールする。

この2人の最高に美しすぎる戦いに、ますます期待が高まる。

『CUTIE HONEY -TEARS-』は10月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top