石田ニコル、大人のランジェリー姿を撮り下ろし!Netflixドラマ「アンダーウェア」

最新ニュース

石田ニコル/「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • 石田ニコル/「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • 石田ニコル/「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • 「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • 「アンダーウェア」(C) フジテレビ
  • Netflix日本サービス開始 -(C) Netflix. All Rights Reserved.
桐谷美玲を主演に迎え、フジテレビ製作で贈る世界最大規模の映像サービス「Netflix」オリジナルドラマ「アンダーウェア」に、モデルの石田ニコルが出演。下着業界の内幕と、女性たちの内に秘めた本音を描くドラマのテーマを体現するように、大人っぽいランジェリー姿を披露した写真がシネマカフェに到着した。

9月2日(水)に日本を始め、世界50か国での独占配信を予定している本作は、桐谷さん演じるファッションに全く興味のないヒロインが、銀座の高級ランジェリーメーカーに就職、これまで自分が接したことがない価値観に触れ、戸惑い、失敗を繰り返しながら、大地真央演じる社長の南上や同僚たちに助けられ成長し、夢をつかんでいくさまを描く“お仕事”ドラマ。

トップ下着メーカーのトリンプの全面協力のもと、これまで語られることがなかったランジェリー業界の裏側や、気になる下着についての“あるある”トリビアも満載。「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」などを手がけた脚本家・安達奈緒子が、華やかな世界の裏に隠された女性たちの本音を紡ぎだしていく。

実は、本作のタイトル「アンダーウェア」は、“下着”そのものの意味と同時に、“女たちの内側に秘めた本音と想い”という本作のテーマを意味しており、登場するランジェリーの数々には女性たちへの大切なメッセージが込められている。

そんな本作で、モデル・女優として活躍し、同世代の女性たちから絶大な支持を集める石田さんが演じるのは、本業でもあるモデルの町田沙里衣役。桐谷さん演じる主人公・繭子が働くトップ・ランジェリ―メーカー「Emotion」のオーディションに落選し、最初はなかなか芽が出ないものの、後にある有名オーディションに合格、トップモデルへと昇り詰めるという役どころだ。繭子と売れないころから友情を育み続けた沙里衣は、ピンチに陥った繭子を助けるため、彼女がプロデュースしたランジェリー・ファッションショーに出演するという、本作のクライマックスシーンで重要な役割を演じることになる。

今回、解禁される石田さんの写真は、特別に撮り下ろした貴重なカット。本作に登場する“大人の女性に向けたランジェリー”のイメージに合わせ、本人が選んだ黒の大人っぽくセクシーなランジェリー姿を披露。同性たちも羨む抜群のプロポーションで、ランジェリーを通して女性たちの“美”を追求していくというドラマ「アンダーウェア」のテーマそのものを体現する。

石田さんは、「私が演じる町田沙里衣はストイックで真面目な頑張り屋さんで、野心も持っている女性。周りに対していつか見返してやるぞ! という思いを秘めていて共感する部分が多い役柄です。男の子っぽくて、サバサバしていて、友情を大切にしていて、そんなところも自分と似ているかなと思っています」と役柄についてコメント。

「自分の出ていないシーンもすごく興味があって、セットに置いてあるランジェリーも全部チェックしています。レースや繊維の種類が本当にたくさんあって、計り知れないほどの組み合わせができる奥深い世界」と、自身にとっても身近だったという業界には興味津々の様子で、「いつか、ランジェリーのオリジナルブランドを立ち上げて、大地真央さん演じる南上社長のように素敵なランジェリーをつくってみたい」とも語り、劇中さながらの“野心”を覗かせている。

「アンダーウェア」は9月2日(水)より「Netflix」にて独占プレミア配信。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top