【特別映像】名曲彩る官能的なタンゴの魅力…『ラスト・タンゴ』

映画

『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
  • 『ラスト・タンゴ』(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
「トロント映画祭」や「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に正式出品された話題の映画『ラスト・タンゴ』。7月の日本公開を前に、この度、本作のムービークリップがシネマカフェに到着した。

本作は、14歳と17歳で出会い、アルゼンチン・タンゴの魅力を世界に知らしめたタンゴ史上最も有名なダンスペアとされる、マリア・ニエベス(80歳)とフアン・カルロス・コペス(83歳)の軌跡をたどったドキュメンタリー作品。現在の2人の証言から、彼らの歩んだ愛と葛藤の歴史をタンゴ・ダンスで再現。マリアと、彼女を演じる若きダンサーたちとの会話を挿入しつつ、官能的にして情感に満ちたタンゴ・ダンスの魅力が映像に焼き付けられ、80歳を越えてもなお魅力的にダンスを踊る男女が、情熱的なタンゴへ、そしてお互いへの愛を語る物語――。

監督は1999年に『不在の心象』で「山形国際ドキュメンタリー映画祭」大賞に輝いたヘルマン・クラル。ヴィム・ヴェンダースを製作総指揮に迎えて製作された『ミュージック・クバーナ』では、「ヴェネチア国際映画祭」でワールドプレミア上映され、世界中で公開。一躍話題となった。

このほど到着したのは、本作のムービークリップ。すでに公開されている予告編では、14歳と17歳のマリアとファンの出会いから美しいダンスシーンが映し出されていたが、今回のムービークリップでは、若き日のマリアとフアンをのダンスシーンから現在の2人までが、実際の撮影風景と共に映し出されている。もちろん予告編同様、美しい音楽も作品を彩るように流れ、予告編とはまた違った映像に仕上がっている。


映像と併せて、主人公のフアンを知るダンサー・タンゴレアルダンスアカデミーのリオス・フアンが彼について語るコメントも到着。フアンとの出会いについてリオスは「初めてコペスに会って直接話をしたのは、27歳のとき、コペスのステージを見た後でした。そのときは、とても感激して、そのコペスのタンゴの真髄をもっと知りたいと思い、ぜひレッスンを受けたいと思いました」と当時をふり返る。

また彼の魅力については「とても素直で純粋な人です。あれだけ有名で偉大な功績を残しているにも関わらず、決して偉ぶることは有りません。とても心優しい人です」と話すも 、「ダンサーとしてのコぺスは大変厳しい人です。ステージのことになったら、妥協を許しません。そして、コペスの一番の魅力はもちろん、あの魅惑のステップでしょう!」 と彼だからこそ知るフアンについて語った。

『ラスト・タンゴ』は7月9日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top