ケイティ・ペリーら、銃規制強化を求めるスター133名が署名運動

最新ニュース

ケイティ・ペリー&セレーナ・ゴメス&ゼイン・マリク
  • ケイティ・ペリー&セレーナ・ゴメス&ゼイン・マリク
  • ケイティ・ペリー-(C)Getty Images
  • ゼイン・マリク-(C)Getty Images
  • セレーナ・ゴメス-(C)Getty Images
  • アリシア・キーズ-(C) Getty Images
  • バーブラ・ストライサンド -(C) Getty Images
  • カルヴィン・ハリス-(C)Getty Images
  • ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
20日(現地時間)、アメリカの上院議会で銃規制強化案採決の動議が否決されたのを受けて、規制強化を求めるセレブたちが署名運動に参加した。

銃を購入する際の身辺調査を義務づける銃規制強化案は与野党が提出したが、採決に進むための動議は否決された。これに対して、22日(現地時間)に「Billboard」誌は議会への公開書簡を発表、133人の俳優やミュージシャン、57人の音楽業界の重役が署名した。

7月2日号の表紙には、「銃による暴力をいますぐ止めろ」というスローガンに「音楽業界の優れたアーティスト、重役として、アメリカ人が望む変化のコーラスに私たちの声を加えます」という文が続き、アーティストたちのサインが寄せ書きしてある。

ケイティ・ペリーやセレーナ・ゴメス、アダム・ランバート、アリシア・キーズ、バーブラ・ストライザンド、カルヴィン・ハリス、ビリー・ジョエル、ジェニファー・ロペス、ブリトニー・スピアーズ、トニー・ベネットなど新旧の大物ミュージシャンの中にはオノヨーコやゼイン・マリクのサインも。

音楽界以外ではエレン・デジェネレス、『イントゥ・ザ・ウッズ』のジェームズ・コーデン、『大統領の執事の涙』などのリー・ダニエルズ監督らも賛同、署名している。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top