長谷川博己、観客を挑発!? 「こういう映画観てイヤらしい気分になるんでしょ?」

最新ニュース

菅田将暉&門脇麦&長谷川博己&リリー・フランキー/『二重生活』初日舞台挨拶
  • 菅田将暉&門脇麦&長谷川博己&リリー・フランキー/『二重生活』初日舞台挨拶
  • 門脇麦/『二重生活』初日舞台挨拶
  • 菅田将暉/『二重生活』初日舞台挨拶
  • 長谷川博己/『二重生活』初日舞台挨拶
  • リリー・フランキー/『二重生活』初日舞台挨拶
  • 『二重生活』初日舞台挨拶
  • 菅田将暉/『二重生活』初日舞台挨拶
  • 菅田将暉&門脇麦&長谷川博己/『二重生活』初日舞台挨拶
映画『二重生活』が6月25日(土)に公開を迎え、主演の門脇麦をはじめ、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸義幸監督がそろって舞台挨拶に登壇した。

小池真理子の同名小説をドキュメンタリー出身の岸監督が映画化。修士論文のために人間の“真理”を知るべく隣人の尾行を始めた大学院生の姿を描き出す。

門脇さんは本作で映画単独初主演を果たしたが、公開を迎え「感慨深いです」としみじみ。「いかがでしたか?」と客席に向かって呼びかけると大きな拍手がわき起こり、ホッとした笑顔を見せた。完成した映画については客観的に楽しめたと語り「台本も読んでいるし、ずっと現場にいたのに、(完成した映画は)想像を超えていました。自分が出ていないかのように楽しめました」と明かした。

門脇さんが尾行を「楽しかった! ついニヤついてしまいました」とふり返ったのに対し、尾行される立場の隣人を演じた長谷川さんは「常に見られているイヤ~な感じがしましたよ」と苦笑。観終わったばかりの観客に向け「みなさん、こういう映画観て、イヤらしい気分になるんでしょ(笑)?」と語り、会場は笑いに包まれた。

菅田さんは、門脇さんの恋人役を演じたが、撮影中にあまりの心地よさについ本当に眠ってしまったことがあったという。門脇さんの「寝ちゃいましたね」という指摘に「おれ、寝てました…」と照れくさそうに明かしたが、肝心のそのシーンは、編集で断腸の思いでカットされてしまったそう。カットと言えば、大学教授役のリリーさんがフランス語で話をするシーンも「先生に(セリフを)吹き込んでもらって車でずっと聞いてて、現場にも先生がいてしゃべってたんですが、バッサリ切られました…」と明かす。とはいえリリーさんは「むしろ、絶対に切るだろうと思ったし、切ってくれと思ってました」と本音を漏らし「麦ちゃんがおれがフランス語しゃべると笑うんですよ…」と苦笑していた。

この日は、キャスト陣4人がそれぞれ公開を迎えての気持ちを自作の4文字熟語で表現! 門脇さんは「多人観欲」と書いたフリップを掲げ「そのまま(笑)。多くの人に観てほしいです』と訴える。菅田さんは「良寝真下」と書いて「普段は、クランクインの前なども寝れないことが多いけど、今回はよく寝れました!」とニッコリ。門脇さんは「“真下”ってそういうこと? 頭いい!」と感嘆するが、菅田さんは冷静に「頭よくねえよ! 頭よかったらもうちょっとちゃんと4文字で書くわ!」と自虐的に語り、再び会場は笑いに包まれる。

長谷川さんは「超門脇麦」と門脇さんを絶賛! 舞台挨拶開始の直前に到着し、よくわからないままいまの気持ちを書くように言われたというリリーさんは「今到不解」とまとめ、笑いを誘っていた。

『二重生活』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top