【予告編】帰ってきた『ブリジット・ジョーンズ』にサプライズ発覚!? イケメン2人の間でまたも揺れる

映画

すべての女性たちを笑いと共感の渦に巻き込んだ、とびきりチャーミングな等身大ヒロインが帰ってくる、レニー・ゼルウィガー主演シリーズ最新作『ブリジット・ジョーンズ ダメな私の最後のモテ期』。このほど、本作待望の日本版予告の映像とティザービジュアルが解禁となった。

アラフォーになったブリジット(レニー・ゼルウィガー)は、未だ独身。彼女が愛した男といえば、ダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚…。しかし、いまやテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットは仕事も順調、ハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)とのドラマチックな出会いが訪れる。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、現在は離婚調停中のマークとも再会を果たすブリジット。またしても、2人の男性に揺れ動くことに。今度こそ、ついに結婚か?

ハッピーエンドを迎えた…かに思えた前作『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』から11年。先だって日本公開が発表された際には、続編を待ち望んでいたファンたちがTwitter上で「まじか!? 嬉しい~1も2もちょう笑ったなぁ~」「わーいわーい!!! アラフォーになったブリジット!!! うわああ楽しみだなあああ!! 『キングスマン』のコリン・ファースも出演! わーい!」「ブ、ブブブリジットジョーンズ最新作公開だとぉ??????!!!! 非常にたのしみ!」と、続編決定に驚くとともに歓喜の声を上げる女性が続出した。

今回解禁となった本作の予告映像では、アラフォーになったブリジットが幸せに満ちた表情で、両親や友人たちに囲まれながらバージンロードを歩くシーンから始まっている。

しかし、その結婚はブリジットの妄想! 「そうなると思ってた」というブリジットのひと言で一気に現実に! 実際はいまだに独身のブリジットは、孤独を感じることもあるものの、テレビの敏腕プロデューサーとして活躍中。元カレのマーク(コリン・ファース)とは良好な関係(?)を築いており、独身を謳歌している様子だ。


その後、映像では「グレイズ・アナトミー」シリーズや『魔法にかけられて』などで知られるパトリック・デンプシー演じるナイスガイ、ジャックとの出会いのシーンが登場。新たな恋のはじまりを予感させている。そんな中、彼女にとってサプライズすぎる出来事が発覚! アラフォーになったブリジットのモテ期は、いったいどうなる!? 

今回も、ブリジットの恋のゆくえと人生の選択に目が離せない。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は10月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top