【インタビュー】リアム&ジェフ、映画愛あふれる撮影現場を語る『インデペンデンス・デイ』

最新ニュース

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』リアム・ヘムズワース&ジェフ・ゴールドブラム/photo:Nahoko Suzuki
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
「去年のインデペンデンス・デイ(独立記念日)に生まれた子なんだ」と言いながら、幼い息子の写真を見せてくれたジェフ・ゴールドブラム。そんな彼の一言に、誰もが思わずニヤリとしてしまうはず。それは、隣に座るリアム・ヘムズワースも同様。なぜなら、両者は『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で共演しているからだ。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は、96年の大ヒット作『インデペンデンス・デイ』の20年後を描いた続編。その中でリアムは戦闘機パイロットのジェイク、ジェフは前作でも演じた科学者デイビッドに扮し、20年前に地球を攻撃したエイリアンに再び立ち向かう。続編のポイントの1つは、前作で活躍した登場人物と新しい登場人物のドラマが交錯すること。「ジェフのすべてが好き」と語るリアム、「僕はリアム・ヘムズワースが大好きだ!」と高らかに宣言するジェフも、撮影を通してすっかり打ち解けたようだ。

「ジェフは人としても役者としても素晴らしい。エネルギッシュだし、周囲を明るくしてくれるんだ。人間関係を築く努力を惜しまないのがすごいよね」(リアム)

「リアムに初めて会ったとき、何て真面目で地に足がついている若者なんだろうと思ったよ。才能があり、プロ意識も高い。彼のような真の好青年はなかなかいないね」(ジェフ)

互いを絶賛し合う彼らの相性は、スクリーン上からも見てとれる。人類とエイリアンの死闘がスリリングに展開する中、ジェイクとデイビッドが揃って戦闘機に乗り込むシーンにはちょっとしたユーモアも。

「実際の撮影では戦闘機の外に何もないわけで、“○○が見えるぞ! 次は○○が来るぞ!”なんて指示に合わせて怖がってみせないといけない。そうしているうちに、ふと口から出た言葉が台詞として採用されていったんだ」(ジェフ)

「ローランド(・エメリッヒ監督)は完璧主義者だから、同じシーンを何テイクも撮る。それはいろいろ試せるということでもあり、試す自由があったからこそ面白いシーンになったのだと思う。実際の僕は乗り物酔いするタイプだから、戦闘機なんてごめんだけど(笑)」(リアム)
《text:Hikaru Watanabe/photo:Nahoko Suzuki》

関連ニュース

特集

page top