【インタビュー】イケメン女子ルビー・ローズが自己分析「役ほどクールじゃないわ」

最新ニュース

「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」ルビー・ローズ
  • 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」ルビー・ローズ
  • 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」シーズン4(C)JoJo/Whilden
  • 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」ルビー・ローズ
  • 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」シーズン4(C)JoJo/Whilden
  • 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」シーズン4(C)JoJo/Whilden
この美しい人が相手なら、たちまちよろめいてしまうのも納得できるかも? 女子刑務所に入った主人公パイパーのサバイバルを描く「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で、ルビー・ローズは新登場の受刑囚ステラ・カーリンを好演。シーズン3を引っかき回すキャラクターの1人として人気を集め、ルビー自身の人生にも大きな影響を与えた。

オーストラリア出身のルビーがアメリカに渡り、役者の道を本格的に歩み始めたのは数年前。ただし、それ以前から、演じることに対する情熱を静かに抱き続けていたという。
「母がアーティストだったから、子どもの頃からアートに興味があったの。母はそんな私を支持してくれる人で、自分を表現する何かを探したい私の気持ちを理解してくれた。親類も協力的で、大叔母がヴィクトリア・カレッジ・オブ・アーツ(メルボルンの名門芸術学校)に行く資金を援助してくれたわ。でも、在学中にMTVオーストラリアのパーソナリティになるオーディションに受かり、役者を目指す道を貫くかタレントになるか悩んだけど、私は決して裕福な家庭に育ったわけではないから仕事を手に入れたい気持ちが勝った。その後はラジオの仕事をしたり、モデルをしたり、首相に会っていじめ問題について話し合ったり、記事を書いたり、CDをリリースしたり、いろいろな経験をさせてもらったわ。でも、やっぱり女優を諦められなかったから、アメリカでの再出発を選んだの」。

しかし、その道は険しく、エージェントと契約すら結べない2年間が続いた。
「予想以上に厳しかったわね。働くこともできない2年間だった。タトゥーを入れているのがいけないのか? アンドロジナスなスタイルでいるのがいけないのか? と、いろいろ悩んだわ。そんな中、『ブレイク・フリー』(原題)という短編映画を作ったの。性の垣根を超えることをテーマにした作品で、“自分に正直であれ”というメッセージを込めている。それが注目を集め、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のキャスティングディレクターから“オーディションを受けてみない?”と連絡をもらった。もちろん、“受けます!”って即答する状況よね(笑)。その後、何度か面接を受けることになるのかなと思っていたら、2度目の電話で“月曜から撮影だから、すぐNYに来て!”と言われたの」。
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top