NETFLIX「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」、「火花」など日米の俳優そろい踏み!

最新ニュース

NETFLIX「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」、「火花」など日米の俳優そろい踏み!
  • NETFLIX「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」、「火花」など日米の俳優そろい踏み!
  • ウゾ・アドゥーバ
  • ルビー・ローズ
  • ウゾ・アドゥーバ、ルビー・ローズ
  • BENI
  • BENI
  • USA
  • 波岡一喜
ネット映像配信サービス大手「NETFLIX」の創業者ら幹部および同社のオリジナルドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」などに出演するキャストが来日。6月27日(月)、日本オリジナルドラマ「火花」の林遣都、波岡一喜らと共に都内で記者会見に臨んだ。

来日したのは創業者でCEOのリード・ヘイスティング、コンテンツ部門を率いるテッド・サランドス、そして「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」に出演するウゾ・アドゥーバとルビー・ローズ、マーベル作品「ルーク・ケイジ」主演のマイク・コルターら。「火花」の林さん、波岡さんに好井まさお(井下好井)、村田秀亮(とろサーモン)、「ゲット・ダウン」の日本アンバサダーを務める「EXILE」のUSA、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の大ファンを公言するBENIらも出席した。

華やかなニューヨークライフから刑務所の“塀の中”の暮らしに落ちたヒロインが、個性豊かな囚人たちに狙われつつもサバイブする姿を描く「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」。スーザン“クレイジー・アイズ”を演じるウゾは3度目の来日となるが「アリガトウ、コンニチハ!」とニッコリ。本作の魅力について、個性あふれるキャラクターたちの存在を挙げ「年齢、人種、サイズ、セクシュアリティもいろいろ! 見る人が自分を見つけられるわ」と語る。

全身タトゥーのボーイッシュな女性で、ヒロインの新恋人であるステラを演じるルビーは実は、『バイオハザード』最新作で共演したタレントのローラと友人とのことで、現在、ローラさんが東京を離れているため、今回は会うことは叶わないかもしれないそうだが「彼女、小さいからポケットに詰めて連れていきたいわ(笑)」とユーモアたっぷりに語る。シーズン3からの出演となったが現場について「『ハンガーゲーム』のような現場でみんな、自己主張ばかりで恐ろしかったわ…(笑)」とこれまた冗談めかして語り「本当はすごく温かかったわ! もともと大ファンだったけど、私自身のキャリアにとって大きい作品となっただけでなく、60人もの親友ができた作品なの」と笑顔でふり返った。

「ルーク・ケイジ」主演のマークは初来日で「寿司を週に2~3回食べるくらい大好きだから、伝統あるお店の職人の寿司を食べてみたい。ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』で見た『すきやばし次郎』に行ってみたい」と明かす。弾丸でもビクともしない肉体を持つ主人公を演じるが「スタントは9割を自分でやってるけど、バットで攻撃されるシーンでバットが割れて顔に当たったときは役を忘れそうになったよ…」と苦笑交じり。

又吉直樹の芥川賞受賞作を全10話でドラマ化した「火花」は日本オリジナル作品ながら、世界中に配信され、すでに視聴者の半数近くは海外からのアクセスによるものだという。林さんも波岡さんも「まさかそんなことに…」と信じられない様子。林さんは改めて「夢を抱き、追いかけてひとつの道を志し、でも苦しい想いがほとんどで、結局は敗れ去っていく若者の話ですが、暗くはなく希望にあふれています。『決して無駄じゃない』というセリフもありますが、人を笑わせる仕事をする素晴らしさ、又吉さんの思いが詰まってます」とアピールした。

昨年9月のNETFLIX日本上陸から、約10か月が経過。経営陣からはアニメ、実写作品を問わず、日本オリジナル作品を今後も海外に配信していく予定だという発言が相次いだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top