シチリア産オリーブオイルと食材専門店「セドリック・カサノヴァ」表参道にオープン!

最新ニュース

パリ発 シチリア産オリーブオイルとシチリア食材の専門店「セドリック・カサノヴァ」表参道にオープン
  • パリ発 シチリア産オリーブオイルとシチリア食材の専門店「セドリック・カサノヴァ」表参道にオープン
  • 100%シチリア産の食材を提供
  • 東京店のために個性も様々なエクストラヴァージンオリーブオイルを8種類セレクト
  • 予約制のターブル・ドット(プライベートテーブルディナー)「ターブル・ユニーク」も楽しめる
パリ発シチリア産オリーブオイルとシチリア食材の専門店「セドリック・カサノヴァ」が、9月1日(木)に外苑前駅より徒歩6分、 表参道駅より7分の通称「まい泉通り」沿いにオープンする。

「セドリック・カサノヴァ」は、 パリ10区で多くのシェフ、 グルメたちに支持されているシチリア産オリーブオイルとシチリア食材の専門店「ラ・テット・ダン・レゾリーヴ」の東京店。

「ラ・テット・ダン・レ・ゾリーヴ」は、“頭はすっかりオリーブ漬け“という意味で、元シルクドソレイユの綱渡り芸人というユニークな経歴を持つセドリック・カサノヴァが、 オリーブのことばかり考えているという想いを込めて、逆さ吊りになってたくさんのオリーブの中に頭を突っ込んでいるユニークでインパクトのあるモチーフをショップロゴとして表現している。

同店のセドリック・カサノヴァが手掛けるエクストラヴァージンオリーブオイルは、 一般に数種類をブレンドされるオリーブオイルに対して、「農家×オリーブ品種」、コーヒーやカカオのシングルオリジンのように「単一畑×単一品種」が基本。 60種類ある中から、 東京店のために個性も様々なオイルを8種類セレクトする。

ビアンコリーラ、 チェラソーラ、 ピリクダーラ、 ノッチェラーラなどシチリア地元品種を畑違いで紹介するなど、今や日本でもポピュラーな調味料のひとつとなったオリーブオイルの奥深い魅力を知れる一店となりそうだ。

オリーブオイルのほかは、パリのグルメも注目する小規模な農家が手掛ける農産物、 伝統的な手法で作られるリノーザ島のケイパー、 野生のフェンネルシード、 バジルやオレガノの花のブーケ、 マグロのブレサオーラなどの100%シチリア産の食材を扱っている。

また予約制ターブル・ドット(プライベートテーブルディナー)「ターブル・ユニーク」が設けられており、 一晩8名限定、 店内のオリーブオイルとシチリア食材を使ったシンプルな小皿料理のコースを目の前で仕上げて提供する。シチリア食材を家庭で気軽に使う時のさまざまなアイデアをキャッチできる機会ともなる。料金はひとり3,240円(税込)、 ドリンク別。

営業時間は、ショップ12:00~19:00。「ターブルユニーク」は18:00~22:30。不定休。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top