シェイリーン・ウッドリー、抗議運動参加で逮捕される

最新ニュース

シェイリーン・ウッドリー
  • シェイリーン・ウッドリー
  • シェイリーン・ウッドリー
  • シェイリーン・ウッドリー-(C) Getty Images
  • シェイリーン・ウッドリー
  • シェイリーン・ウッドリー
10日朝(現地時間)にノースダコタ州ビスマルクで、『ダイバージェント』シリーズのシェイリーン・ウッドリーが逮捕され、数時間後に釈放された。

24歳のシェイリーンは、同地に建設予定の石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」の建設に反対するデモに参加、フェイスブック上でその様子をライブ配信していた。

パイプラインは全長1,172マイル(約1,886キロメートル)でノースダコタ州とイリノイ州にかけて原油を運ぶためのものだが、パイプラインが横切るミズーリ川下流にはアメリカ先住民族の居留地があり、環境への影響を懸念する住民や、レオナルド・ディカプリオやスーザン・サランドンといった環境保護に熱心なセレブも抗議活動を行っている。

100人ほどが参加したデモは、歌を歌ったり、「水は命」と書かれたプラカードを掲げたりする平和的なものだったが、シェイリーンは駆けつけた警官によって、スタンディングロック・スー族の土地に不法侵入したとして逮捕されてしまった。ゴシップサイト「TMZ.com」によると、警察は、彼女が暴動に参加したことも逮捕の理由としてあげている。

シェイリーンはモートン・カントリー刑務所に連れて行かれたが、数時間後に釈放された。代理人は「E!News」に「彼女は大きな支援に感謝しています。彼女のためだけではなく、ダコタ・アクセス・パイプライン建設への反対運動を続けてくれることに感謝しています」とコメントしている。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top