キャサリン妃、初の海外単独公務でオランダへ

最新ニュース

キャサリン妃-(C)Getty Images
  • キャサリン妃-(C)Getty Images
  • キャサリン妃-(C)Getty Images
  • ウィレム=アレクサンダー国王&キャサリン妃-(C)Getty Images
  • キャサリン妃-(C)Getty Images
先月一家でカナダを訪れ、無事にロイヤルツアーを終えたキャサリン妃が、初となる海外単独公務でオランダへ。

2014年、初の単独公務がマルタで予定されていたが、当時シャーロット王女を妊娠中であったキャサリン妃はひどいつわりに苦しんでおり、キャンセルせざるを得なかった。

「Hello!」誌によると、キャサリン妃は11日(現地時間)、ブリティッシュ・エアウェイズでオランダへ向かった。満を持しての初海外単独公務にキャサリン妃が選んだファッションブランドは、故ダイアナ妃のお気に入りでもあったキャサリン・ウォーカー。水色のセットアップで、ジャケットはピーターパン襟と大きめボタン、ウエストのベルトがアクセントになっている。スカートは膝上のペンシルスカートで美脚を強調。ベージュのパンプスと同色のクラッチバッグを合わせた。

オランダではまず初めにウィレム=アレクサンダー国王と会談し、次にマウリッツハイス美術館のフェルメール展を鑑賞。美術館の教育プログラムに参加していた子どもたちとも交流の時間を持った。そしてハーグにあるイギリス大使公邸でメンタルヘルスや依存症をテーマとした円卓会議に参加。最後にロッテルダムで恵まれない環境の若者たちが機械の修理などを学ぶワークショップを訪ねた。キャサリン妃は9歳の男の子が作った立派なロボットに感銘を受けていたそうだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top