オダギリジョー、釜山で千鳥足!? 「まるで漫画」と本人の記憶なし

最新ニュース

俳優のオダギリジョーが10月21日(金)、東京・テアトル新宿で行われた主演作『オーバー・フェンス』(佐藤泰志原作)のヒット御礼舞台挨拶に、メガホンをとる山下敦弘監督とともに出席した。

9月17日(土)に全国32スクリーンで封切られ、佐藤氏の原作を映画化した『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』を超えるオープニング記録をたたき出した本作。同日、都内で初日舞台挨拶が行われたが、オダギリさんは新作映画『エルネスト』(阪本順治監督)の撮影でキューバにおり、“主演なのに初日舞台挨拶に不在”という珍事も巻き起こった。

キューバでの撮影を終えたオダギリさんは、直接、本作が上映された釜山国際映画祭に参加し「時差ボケもあって、何も覚えていない」と現地でもマイペースだったのだとか。「監督たちと一緒に飲んで、まるで漫画に出てくるような千鳥足になったらしくて(笑)。その記憶すらない」と迷惑をかけた山下監督を前に、バツの悪そうな表情だった。

原作は1990年、41歳の若さでこの世を去った佐藤氏の生涯最後の芥川賞候補作。執筆活動を諦めかけた頃、函館の職業訓練校で過ごした実経験をもとに執筆された。職業訓練校に通いながら失業保険で暮らす主人公・義男(オダギリさん)が、同じ訓練校に通う仲間の代島と出かけたキャバクラで、鳥の動きを真似る風変わりなホステス・聡に出会う…。代島を松田翔太が、聡を蒼井優が演じている。

「ヒットしていると聞き、本当にありがたい気持ち」とオダギリさん。自身にとっては30代最後の作品でもあり、「面白い台本に出会い、実際に出演してみるといい作品に仕上がった。僕にとってはベストな形でしたね。キャストの皆さんもすばらしかったし、スタッフの方々も同世代が多かったので、とてもやりやすい現場だった」と作品への深い思い入れを語った。

『オーバー・フェンス』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top