三浦しをん×大森立嗣監督『まほろ駅前』タッグ再び! 井浦新&瑛太ら豪華キャストが集結『光』

映画

三浦しをんの小説「光」が、井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミら豪華キャストで2017年秋に実写映画化されることが決定。監督には大森立嗣が務め、『まほろ駅前』シリーズのタッグが再び実現することになった。

東京の離島、美浜島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守るため、ある罪を犯し、それは2人だけの秘密になった。それから20年。妻子と共に暮らしている信之の前に輔が現れ、過去の事件の真相を仄めかす。信之は美花を守ろうとするが――。

原作は、本屋大賞を受賞し話題となり、現在もテレビアニメが放送中の「舟を編む」の三浦氏が書いた「光」。明るいテーマの多い三浦氏の作品群の中でも特別な位置を示す本作。今回は、映画化決定と共にメインキャストも発表となり、黒川信之役には井浦さん、幼馴染みの輔役に瑛太さん、同級生・美花(篠浦未喜)役に長谷川さん、信之の妻・南海子役に橋本さんがキャスティング。

井浦さんは「人間の意識・無意識の中、そして自然の中にも潜む様々な形の暴力と向き合い続けた撮影期間は、自分の心の奥底のほうにこびり着いている得体の知れないナニかを引っ掻き出し、光にさらし、時にはまた飲み込み、正直、しんどい日々でした(笑)」とふり返り、大森監督作品への参加は3度目ということで、「信頼があるからこそ、自分でも理解できないナニかが出てきてしまっても、どんなに振り切ってしまっても、いつもカメラ横でしっかり受けてくれる監督に、喜んで全身全霊を捧げることができます」とコメントした。

一方、楽しんで役を演じられたという瑛太さんは「もともと大好きだった井浦新さんとの共演は、とにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた」と井浦さんとの共演を喜んだ。また、今回演じる役において、撮影の中でどんな人物なのか模索したという長谷川さん。結局、撮影が終わったいまも彼女のことが分からないと話すも、「撮影中は考えても考えても正解の出てこない旅路に疲れ、逃げ出したくなるときもありましたが、もしかしたらそれが“美花”だったのではないかと、いま思います」と語った。

これまでにも、『まほろ駅前多田便利軒』『まほろ駅前狂騒曲』という『まほろ駅前』シリーズで三浦氏とタッグを組んできた大森監督。“光”という抽象的かつ強い意思を感じるタイトルにいままでの三浦作品とは違う気配を感じたそうで、「いざ読んでみるとこれは恐ろしい小説でした。小説の持つ強度に驚きました。強度とはモラルやコンプライアンス、あるいはカテゴライズされやすいイメージとかけ離れたものでできあがっているという意味です。それから枠の外側に向かっていくという点にものすごく興味を持ちました。飼いならされた犬の悩みみたいな話ではなく、野性に踏み出した人間たちのドラマに強く心を動かされました。僕にとって『光』という小説は生命そのものの讃歌でした」とコメント。そこから「小説『光』を映画化するということは、生命そのものの讃歌、命の輝きを描きたい」と思ったと話している。

すでに撮影を終え、編集中だという大森監督は、「井浦新の冷たい熱情、瑛太の優しい怪物性、長谷川京子の狂気と美、橋本マナミの色気と母性が映画に充満しています。スゴい映画になると確信しています。観客が観ることを想像するとワクワク感を押さえきれません」と自信を見せた。

そのほか、未喜のマネージャー小野役に南果歩、輔の父・洋一役に平田満が出演する。

『光』は2017年秋、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top