英国ロイヤルメンバーは大忙し!ヘンリー王子がカリブ海地域訪問へ

最新ニュース

ヘンリー王子-(C)Getty Images
  • ヘンリー王子-(C)Getty Images
  • ヘンリー王子-(C)Getty Images
  • ヘンリー王子-(C) Getty Images
イギリスのロイヤルメンバーは大忙し。先月はウィリアム王子一家がカナダを訪問したが、今度はヘンリー王子が単独でカリブ海地域7か国のロイヤルツアーへ出かけることが明らかになった。エリザベス女王の代理人として、11月から12月にかけて2週間の滞在を予定しているという。ヘンリー王子は「エリザベス女王が90歳の誕生日を迎えた今年に、公式な代理人を務めることを光栄に思う」とケンジントン宮殿の広報を通してコメントを発表した。

カリブ海地域には英連邦王国の国々が集中しており、イギリスにとって重要な地域。今年は英連邦王国として独立した記念年を迎える国が多く、アンティグア・バーブーダは独立から30周年、バルバドスとガイアナ50周年を祝っている。

「Hello!」誌によるとロイヤルツアーのスケジュールはかなりタイトに組まれており、アンティグア・バーブーダからスタート。バルバドスでは、地域の社会問題の解決に取り組んでいるチャリティー団体や組織の人々と会談をするそうだ。ガイアナにはヘンリー王子のおじも共に訪れ、内陸部を調査しながらエコツーリズムや環境保全について学ぶ。

そのほかにもセントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、グレナダを訪れる予定。ヘンリー王子がカリブ海地域を訪れるのは2012年から2回目で、今回は初めて訪れる国もあるという。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top