ミランダ・カー宅に不法侵入の男、殺人未遂で起訴される

最新ニュース

ミランダ・カー-(C)Getty Images
  • ミランダ・カー-(C)Getty Images
  • ミランダ・カー-(C)Getty Images
  • ミランダ・カー(C)Getty Images
  • ミランダ・カー-(C)Getty Images
  • ミランダ・カー-(C)Getty Images
今月14日(現地時間)にカリフォルニア州マリブにあるミランダ・カーの自宅に侵入し、警備員にナイフで重傷を負わせた男が殺人未遂罪で起訴された。

事件発生時、ホームレスとされていた男はミランダと同郷のオーストラリア出身の29歳のショーン・アンソニー・ヘイウッド。ミランダが5歳の息子・フリン君と暮らす豪邸のフェンスを越えて侵入したが、すぐに警備員の男性に発見され、警備員の目のすぐ下をナイフで刺した。

重傷を負いながらも警備員は銃で応戦、ヘイウッド容疑者は頭を撃たれたが、すぐに病院に搬送された2人とも命に別条はなかった。事件発生時にはミランダもフリン君も不在だった。

ヘイウッド容疑者は傷害と武器を用いた暴行、殺人未遂に問われ、有罪になれば終身刑を宣告される可能性もあるという。事件の凶悪性から保釈金は100万ドル以上を設定される見込み。

ミランダはオーランド・ブルームと結婚していた時期、2009年と2013年にもそれぞれ違う人物からオーストラリアの自宅付近でストーカー被害に遭っていた。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top